新潟をぐるっと一周ツーリング

新潟をぐるっと一周ツーリング

日本海を眺めながら新潟県をツーリング

国道を利用しながら新潟県を一周ツーリングしている人も多いです。
インターネットなどで紹介しているライダーも少なくありませんが、新潟県新潟市より続いていく国道を利用してツーリングすることとなります。
日本海をツーリングを行いながら眺めていき、快適な風を感じていきながら気持ちよく新潟県のルートを走っていくことができるでしょう。

新潟県内では休憩を行える施設も多くなっており、ツーリングで行き先について悩んでいる人は絶対に行くべきルートとして、多くのライダーが県内のお勧めのルートを紹介しているケースも多いです。
決して困る場所がないというのも、新潟県内がツーリングとして選ばれている理由となっています。

しかし注意すべきポイントとして、夏場になると早朝から気温が上がりやすいです。
特に日本海沿いでは気温が40度近くになることがありますので、走行時に脱水症状を引き起こしたり、熱中症に気をつけなければなりません。
さらに街中では渋滞が多くなってしまうこともあります。

魅力的なルートは他にもありますが、魚沼スカイラインが人気が高くなっています。
これは新潟県魚沼市より十日町市まで続いていく県道となりますが、多くの展望可能なスペースが色々とあります。

山々の景色も一緒に楽しんでいきながらツーリングを行いたいと考えている方には最適で、季節を問わずに楽しんでいくことができるでしょう。
道幅も広くて路面も綺麗ですので、山間部を気持よく走っていくことが出来るようになっています。

一人でツーリングを行う際に注意すべきこと

一人で新潟県内をツーリングしていきたいと考えている人も多いことでしょう。
ただツーリングにおいて何から何まで1人で行わなければならないため、キャリアやテクニックをある程度積んでからツーリングを行うようにしましょう。
バイクのパンクを直していったり、レバー交換などだけでなく、エンジントラブルなども応急処置しなければなりません。

多くの人とツーリングを行うマスツーリングでは、出発する前にしっかりと新潟県内のルートをチェックしておきましょう。
確認する項目は参加者によって異なっていきますが、初めて参加する人が一人でもいれば、不安を取り除いていけるようにツーリングを行えるようにしましょう。

新潟県内を回っていく中で目的地であったり、走っていくコースを再確認しながら走り方を理解していきましょう。
休憩ポイントまでどのくらい距離があるか、移動するスケジュール通りに動いていくことができるかを判断しながら、理想的なツーリングを行えるようにしましょう。
時としてツーリングの予定が大幅に変更していくこともありますので、認識を間違えないように進めていくことも重要です。

熊野本宮へ温泉ツーリング

人気が高い熊野本宮へのツーリング

温泉が非常に多いことでも知られている和歌山県は、近畿地方の中でも人気が高いツーリングのコースが色々とあります。
温泉を決めてから熊本県のツーリングに関するコースを決めていき、宿泊をしながら楽しんでいる人も少なくありません。
そんな中で人気が高いのが熊野本宮を経由したツーリングのコースですが、熊野本宮大社であったり熊野速玉大社、そして熊野那智大社といった熊野三山を経由していくのが多いです。

熊野三山というのは和歌山県の南東部にある、各20キロから40キロほどある距離となっていますが、熊野古道中辺路で結ばれています。
それぞれ個別に自然崇拝を起源としていますが、主祭神が相互に勧請されていき、信仰されていくようになっています。

長距離移動になることもありますが、熊野本宮を回っていくと楽しさの方が上回っていくこととなるでしょう。
長時間の移動がどうしても退屈に感じてしまうルートも有りますが、熊野本宮は集中して周ることができるでしょう。

熊野本宮をツーリングしていく際に、音楽やラジオを楽しんでいる人も少なくありません。
案外危険と思われがちですが、ツーリングを行う時にはスマートフォンを活用している人が増えてきています。

ただ難点となっているのが、スマートフォンの音量がどうしても小さくなり過ぎて、聞こえてくることがないという点です。
車体にスマートフォンを接続して、ナビゲーションを受けながら音声を聴けるというのも楽しめます。
イヤホンはどうしても危険ですので、スピーカーで聴きながら熊野本宮をツーリングしていきましょう。

熊野本宮のツーリングを楽しむ方法

熊野本宮を回って行く時は、和歌山県の様々な観光スポットを回っていくこともあります。
そんな中で自分の愛車を、カスタムしていくと楽しむことができるでしょう。

バイクを買ってから自分好みにカスタマイズをしたいところでしょう。
積載性を向上させていったり、乗りやすさや操作のしやすさを理解しながらカスタマイズをしていくと楽しめます。

そしてマスツーリングを行う時、走る順番などでルールを作っていくようにしましょう。
安全かつ楽しく走行することができれば、熊野本宮をスムーズにツーリングができるようになっています。
参加人数であったり参加者のスキルで順番も変わっていきますので、ツーリングを楽しめるようにあらかじめ決めておきましょう。

先頭で走る人はグループの要となります。
よって熊野本宮を走っていくルートを十分に理解している人が理想的です。

最後尾もグループ全体を見ていくこととなりますので、ベテランの人が積極的に走っていくようにすると安全です。
全体を把握しながら楽しくツーリングしましょう。

埼玉から群馬へ山越えツーリング

関東地方で山越えツーリングを楽しむ

山間部が多い地域も色々とありますが、関東地方だと埼玉県から群馬県へと続いていくルートが代表的です。
山越えツーリングを春先から楽しんでいるライダーも多く、色々なメディアで紹介されていることがあります。
コーナリングに対してテクニックに自信がある人と一緒にツーリングを行うことによって、ライディングの技術などを進歩させていくことができます。

バイクをこれから乗っていこうとする時、都心部だと怖さを感じてしまうこともあります。
しかし埼玉県から群馬県へと続いていくルートを通って行くと怖さも拭っていくことができ、スピードやコーナリングに対しても恐怖心を捨てていくことができるようになります。

涼しさも感じることができるため、快適なツーリングを楽しめるでしょう。
山道だとペースダウンしてしまうこともありますが、その中で絶景を見ていくこともできます。
練習がてらでツーリングを楽しんでみるのもいいでしょう。

山越えツーリングで重要なテクニック

軽快な走りを行っていく上で必要不可欠となるのが、腰で乗っていくという感覚です。
腰で乗っていくことを意識していくことによって、コーナリングをスイスイと行えるようになるでしょう。
機敏かつ滑らかな動きを実現できることによって、山道だと意識しなければならない数多くの急激な曲道をスムーズに動いていくことができるようになります。

バイクは車体を倒していくことによって、右折もしくは左折の操作を行っていくこととなります。
多少は安定しているかどうかの差がありますが、埼玉県から群馬県へと続いていく中で大きなコーナーというのも存在しています。
細かい動きをマスターしていく中で、バイクを乗っている人なのかどうかを判断することができるでしょう。

下手な人ほど曲線をしっかりと描きながら障害物を避けていきます。
ただ上手い人ほど直角に近い状態で障害物を回避していくので、決して無駄がありません。

これこそ腰を利用しながらバイクを操っています。
上半身は固定していきながらお尻を左右に振っていくことによって右もしくは左へと進路を変更していきます。
瞬発力が生まれていきますので、動きも機敏になっていくことでしょう。

山越えツーリングで気をつけたいこと

集合をする前には、ガソリンは必ず満タンにしておきましょう。
山間部を走っていく時にはガソリンスタンドが点在していない地域を走っていくこともあります。

特に山越えはエンジンの力も利用するため、ガソリンを多く消費してしまいます。
給油は事前に行って、ガス欠にならないようにしましょう。

多くのツーリング仲間と走っていく中で、どうしても一人だけガソリンが無くなってしまうと置いてけぼりを食らってしまったり、止まってしまうこともあります。
そこで給油をあらかじめ必要と考えなければなりません。

そして走る順番も確認しておきましょう。
とっさの時に山道で混乱していかないように、スムーズに走行できるように順番を決めておきましょう。
運転レベルであったり排気量、さらに埼玉県から群馬県にかけて走っていくコースを知っているかを考慮しながら決めましょう。

ビーナスラインをツーリング

長野県にあるビーナスラインをツーリングで楽しむ

長野県にあるビーナスラインは、ツーリングを楽しんでいるライダーが多いです。
御座石神社の交差点より長野県の上田市にある美術館へ伸びていますが、全長でおよそ70キロある観光道路となっています。
ビーナスラインは国定公園にある高原地帯を通っていくルートとなっていますが、その中には高原や湖さらに湿原といった観光地があります。

森林や高原地帯においては、ワインディングロードといわれているルートを抜けていくこととなりますが、日本でも有数の景観を誇っている場所となっています。
沿線ではレジャー施設も多く集まっている白樺湖がありますが、多くのライダーで賑わっていることもあります。
ビーナスラインを春などでツーリングの場所として検討していくのもいいでしょう。

ツーリングでトラブルが発生した場合の対処法

ビーナスラインを走行中にトラブルが発生してしまうことがあります。
事故が発生した場合に対処していく方法として、基本的にはケガをした人へ最善のケアを行っていくのが最重要となっています。

事故が発生した時には、最初に救急車を呼ばなければならないかを判断する必要があります。
ケガの度合いでは無闇にケガ人を動かしてはいけません。
ビーナスラインでは街中までの距離が長くなっていることもありますので、路肩へバイクを移動させたり、警察への連絡をスムーズに行なえるようにしましょう。

次にバイクのトラブルをみていきますが、ビーナスラインでは道中に故障してしまうこともあります。
引き続き走行することが出来ないような状況であれば、残っているツーリングのメンバーがいれば一時的にバイクを預けていけるようにしましょう。
バイクショップがビーナスラインではところどころでありますので、回収することができれば問題ありません。

理想的な各所の走行方法を知る

数多くの名所があるビーナスラインですが、それぞれの走行方法がありますので理解をしておきましょう。
例えば市街地だとツーリング仲間と走っていく時にはちどり走行を意識していきましょう。
一般車両に迷惑をかけていかないようにしていきながら、信号待ちでは二台ずつ並んでいくようにして前に詰めていきます。

一人であれば邪魔にならないように待つようにしましょう。
信号によって列が切れてしまうこともありますが、車線の左側でペースを落としていきながら走行していくようにしましょう。

次に峠道ですが、一列になってメンバーの位置取りに注意しながら走行していくようにしましょう。
十分に間隔を取っていきながら無理をしないように走行するのがポイントです。

追い越されてしまう時には、後方を走っているメンバーに合図をしながら走行するようにしましょう。
安全に追い越してもらうように心がけていきながら、楽しくツーリングをしましょう。

日帰り伊豆半島ツーリング

伊豆半島のツーリングは楽しめる

伊豆半島を日帰りでツーリングを楽しんでいるというライダーも少なくありません。
有料となっていますが、ターンパイクであったり伊豆スカイラインなどは有名です。

さらにバイクツーリングが楽しめる半島として、良い道がたくさんあるというのも有名です。
伊豆半島は楽しめるポイントが色々とありますが、標高が高くなっているため、真冬だと路面凍結が増えてしまうことがありますので、運転になれない人は気をつけましょう。

発進と一緒にエンジン音が響いているようなバイクを見たことがあるという人も多いですが、ダブルアクセルで暴走してしまうケースもあります。
伊豆半島でツーリングを行う時に急に起こしてしまうと危険です。
事前に安全にシフトアップしていけるように練習していくようにしましょう。

様々なルートが伊豆半島でありますが、アクセルワークが重要になる場所もありますが、具体的な手順として最初にアクセルを徐々に戻していくようにしてクラッチを切っていきます。
そしてシフトアップをしながらアクセルを開けていきます。
スムーズにできるようになると、伊豆半島の難しい場所もスムーズにシフトアップしていくことができるでしょう。

長距離走行を伊豆半島で行うことがあり、手が疲れてしまう時などもありますが、そこではクラッチを利用しないでシフトアップができるといいでしょう。
クラッチを長く切りすぎないようにして、スムーズに楽しめるツーリングにしましょう。
またエンジンに急激な加熱を与えないような走り方も学んでいくことが大切ですので、上級者に聞くのも理想的です。

日帰りツーリングで持っておきたいアイテムは色々とある

必ず持参していきたい、日帰りツーリングのアイテムは色々とあります。
伊豆半島では色々なお土産を購入したり、名所を周ることがありますので財布は必要不可欠です。
少し多めにお金を持っておくといいでしょう。

そして暑くなることも想定されますので、ハンカチやティッシュを持参したり、雨が降ることも想定して雨具を用意するようにしましょう。
そして水分補給も必要不可欠ですので、ペットボトルを置けるアイテムもバイクで常備しておくといいでしょう。
スムーズに取り出すことができれば、容易に飲むことができます。

さらに連絡手段として携帯電話であったり、伊豆半島の地図そして宿泊するために入浴セットを用意するのも忘れてはいけません。
視力が悪いという方はメガネであったりコンタクトケースも忘れてはいけません。

給油も伊豆半島の各所で可能となっていますが、ツーリングを行う前にガソリンのタンクをあらかじめ満タンにしておくのも忘れてはいけません。
快適な日帰りツーリングを意識しながら運転をしていきましょう。

春に最適な東北ツーリング

東北で楽しい春のツーリング

ツーリングのシーズンとなってくる春になると、徐々に気温が上昇していきます。
色々なルートをツーリングで検討していきますが、復興に向けて動いている東北を選択するといいでしょう。

東北では色々なライダーがおすすめのツーリング用のコースがあると紹介しており、その中には震災で大きな被害を受けた場所もあります。
しかし復興も進んでおり、快適なツーリングができるように整備されています。
北は青森から南は福島まで、いずれも風景が大きく異なるコースとなっていますので、楽しく一人もしくは仲間とツーリングができるでしょう。

コースは海岸沿いであったり、県道を走りながら灯台などを走るルート、さらに岬を巡りながら大通りで休憩をしていくといったルートもあります。
ライダーのブログなどでも紹介されていますので、ツーリングのコースを検討する時に参考にしましょう。

ツーリングを行う時には色々と注意する

ツーリングを行う時に注意しなければならないポイントは色々とあります。
最初にバイクの整備を行っておきましょう。
ツーリングは基本的に団体で行動していくこととになりますが、誰かがバイクでトラブルを起こしてしまうと全員のトラブルに発展することもあります。

事前にエンジンやオイルなど、バイクのチェックを細かく行っておきましょう。
さらにスケジュールに沿って、改めてルートを確認するようにしましょう。

そして服装なども注意しなければなりません。
春になると気温が上がり、暑くなってしまうと薄着になってしまうこともあります。
バイクに乗る時は転倒なども考えなければなりません。

自己判断で服装を決めていくこともありますが、基本は長袖そして長ズボンとなります。
走行中のポジションも重要で、人が増えると隊列も長くなります。

すると車間距離が伸びていき、走っている時も車間がどうしても開いてしまったり、右折をした際に信号などによって車列がついつい途切れることがあります。
初心者がいることがありますので、しっかりと打ち合わせを行ってツーリングを楽しめるようにしましょう。

バイクのメンテナンスも非常に重要

寒い冬が終わっていき、特に東北では春になると徐々に温かくなります。
行動が活発化していく中で、バイクも冬眠していた時には、最初に愛車の点検や給油さらにオイル交換を始めていくようにしましょう。
また寒さを感じる時もあり、寒暖の差が一日の間で激しくなることがありますので、バイクウェアの選択を検討しなければなりません。

昼間だと半袖で良くても、夕方以降急激に寒くなっていくことがあります。
重ね着で対応できるように選んでいくようにしましょう。
インナーダウンであったり、マイクロフリースを活用するのもいいでしょう。

雨の心配もありますので、レインウェアを積んでおくのも忘れてはいけません。
防風性が高くなっていることもありますので、防寒着として選択する際に参考にしていきましょう。
重宝していくこともありますので、色々なレインウェアをみていくと理想的です。

ビモータバイクのポイント

ビモータのバイクを選択する際のポイント

バイクを選択する基準は十人十色となっています。
ただ何かを欲しいと考えている時、かわいかったりかっこよさや美しさなどを考えながら判断していくことが多くなっています。
欲しいバイクでも同じであり、エンジンは空冷でなければダメだったり、ブレーキを利用する時は前後いずれもディスクブレーキを選択したいといった理由もあるでしょう。

ただ部分的なパーツについてこだわっていく以上に、多くのライダーはスタイリングを重要視することが多いです。
技術の進歩もブランドによっては著しく、大きな差がなくなってきています。

近年のバイクはスタイリングがステータスとなっていることが、ライダーの間で共通認識となっています。
個性派のバイクを選択したい時、海外で展開しているメーカーを度外視していくことはできません。

ビモータもその一つであり、選択している人も多いです。
理想的なバイクを選択できるようにしましょう。

イタリアの会社であるビモータとは

ビモータはイタリアで展開している、オートバイの製造販売会社となっています。
そんなビモータの製品の特徴をみていくと、大半の大手メーカーではエンジンをそれぞれの自社で製造していたり、それぞれのオートバイを使用しながらレースへ参加してアピールをしていることがあります。
特に創業した当初は、大型のオートバイを製作していく技術が徐々に発展しており、ポテンシャルをレースで見せていることが多くなっています。

ビモータも初期は大手メーカーより完成したバイクを購入していき、エンジン部分だけを取り外して使っていました。
さらにビモータのバイクの価格は高いというのが共通認識となっていましたが、これはビモータの当時の生産ラインの大半が手作業に近くなっている状態だったためです。

単体でエンジンを供給するメーカーも少なかったため、どうしてもビモータのバイクの価格が高くなってしまったのです。
ただ購買層はビモータのバイクを支持しており、徐々に軌道に乗っていくと技術の進歩とともに価格も下がっていきました。

有名なビモータのバイクのシリーズ

色々なバイクのシリーズがビモータではありますが、人気が高いシリーズも色々とあります。
それぞれに各メーカーのエンジンが搭載されていますが、DBシリーズはドゥカティ製のエンジンが搭載されています。
そのフレームは現在だとアルミニウム合金製の楕円断面となっているパイプがトラス構造となっています。

スピードなども爽快感を感じることができるでしょう。
またYBシリーズではヤマハ製のエンジンが搭載されていますが、公道市販版となっているYBのフレームをチェックするとYB5以外だとアルミニウム合金製のツインスパーが使われています。

モト・グッツィというブランドについて

ツーリングを行う際のバイク選びは重要

バイクを選んでいく時には、人気モデルを主に検討していくといいでしょう。
売れていくのは訳があると考えていいでしょう。
ツーリングに活かせるのか、それともトレンドやスペックもしくは価格なのかを判断していくこととなります。

人気モデルを分析していくと、ツーリングなどで乗って行く際にライダーがイメージしながら買っています。
しかしトレンドなどで判断するケースは少ないといっていいでしょう。

バイクは長い歴史があるブランドが色々とあり、モデルチェンジを何度も繰り返していきながら受け継がれていくコンセプトであったり定番性があります。
乗りやすいバイクを選択することで楽しく、そして仲間と思い出を作れるバイクとなることでしょう。
初心者でも乗りやすいバイクは色々とありますので、お店の店員さんにも相談しながら決めていきましょう。

モト・グッツィというブランドとは

1921年に設立されたイタリアの企業によって製造されているモト・グッツィは、最古のオートバイメーカーともなっています。
他のイタリアでオートバイを製造しているメーカーが、主にバイクレースであったりスポーツモデルについて開発していく中で、ツーリングに特化したモデルをモト・グッツィでは主軸にして開発を行っています。

モト・グッツィは第一次世界大戦でレーシングライダーとして活躍していた人物の名前を元としています。
戦争が終わり立ち上げていきますが、会社のエンブレムに使われているのがイタリア空軍の象徴ともいわれていた、アクイラが利用されています。
最初の試作車を1920年に製作されましたが、モト・グッツィは起業しようと誓ったメンバーによって名付けられました。

スポーツ車も多いですが、1928年になるとリアサスペンションであったりフェアリングが標準装備されているツアラーモデルのパイオニアとなっている車種が開発されています。
他にも実用車も多くモト・グッツィでは提供されていますので、ツーリングなどで選びやすいでしょう。

モト・グッツィの走りは他に類を見ない

空冷が安定しているモト・グッツィのバイクは、独創的な運転であったり走りが力強くなっています。
ローマ帝国時代より続いている、イタリアの創造性であったり技術力の高さをモト・グッツィで感じることができるでしょう。

そんな中でモト・グッツィのバイクでグッツィガードというものがあります。
これは左右に大きくシリンダーが張り出しており、立ちゴケてしまった時に大きく傷がついてしまうことがあります。
しかしモト・グッツィのグッツィガードによって、シリンダーが保護されていきますので、しっかりとガードできます。

純正だとダイキャスト製になっており、簡単に割れてしまうことがあります。
ヘッドボルトの変形であったり、スパークプラグが破損してしまうこともありますので、注意しながら乗って行くようにしましょう。

高級ブランド!MVアグスタ

栄光と不遇の時代

MVアグスタは高級ブランドとして有名なイタリアのバイクメーカーです。
その歴史は第二次世界大戦前と古く、1923年に航空機メーカーとして設立されました。
1943年にはモペットの製造を開始したのですが、終戦を迎え敗戦国であるイタリアは航空機の生産を禁止され、モペットの発展系であるオートバイの生産を主力とした会社へと変わります。

1948年からロードレースへと参戦し、栄冠を掴んでいきます。
マイク・ヘイルウッやジャコモ・アゴスチーニ、ジョン・サーティースといった歴史に名を残す名選手を輩出しています。
ロードレースは4ストローク全盛から2ストロークへと変貌を遂げ、MVアグスタは1976年に撤退することになります。

またレースだけでなく、1971年2代目社長が亡くなり3代目が就任すると、1976年オートバイ部門とレース部門の解体を発表。
そして翌年、オートバイ事業から完全撤退します。

それから20年後の1997年、カジバがブランドを取得し、MVアグスタは再興し1999年現在も販売しているF4が発表されました。
ですが2004年プロトンへ買収され、翌年にはGEVIへと売却されます。
2008年にはハーレーへ売却され、2010年に再びカジバへと売却されることになります。

走る宝石

復帰以降経営不振が続き、売却の道を辿っているMVアグスタですが、販売されているバイクが悪いというのではなく、経営法が悪いだけなのです。
1999年に発売を開始したF4は「走る宝石」ともいわれ、現在も継続されている人気モデルです。
このF4は高性能な4気筒エンジンを搭載をするというコンセプトをもとに作られ、エンジン開発にはフェラーリも参加しています。

限定モデルであるF4セリエオーロやF4CC、メモリアルモデルであるF4セナやF4アゴなどプレミアムなモデルが数多く登場しています。
また性能に関しても、1000ccクラス市販車としては世界最速を記録したF4 1000R、発売当時750ccクラスの市販マシンとしては最高出力を記録したF4 SPRなど誇るべきものです。

F4最大の特徴はマフラーで、テールシートから4本突き出す形になっています。これは世界を見渡してもF4だけのもので、後ろから見てもそれだと確認することができる貴重なものです。
F4は2009年にフルモデルチェンジを行い、750ccは廃止され1000ccのみとなっています。

その他のモデル

その他のシリーズはF4のネイキッドモデルであるブルターレシリーズと、3気筒エンジンを搭載したミドルクラスのF3があります。
F3は2010年登場の新しいモデルで、ミドルクラスならではのエンジンのコンパクト感とホールド性の良さは、F4よりもよりライディングを楽しむことができます。
またミドルクラスというだけに価格もF4と比べ安価だけではなく、走行中に変更可能なエンジンの4種類の出力モードや8段階のトラクションコントロールといったF4と同様の装備は装着されています。

ツーリングにおすすめな懐中電灯とランタン

ツーリングに大事なものは色々とある

色々と大事なものをツーリングでは持っていくこととなりますが、外にずっといるためどこへ行く時にも持って行くようにしましょう。
当然ながら免許証も必要であり、免許不携帯となると罰金を支払わなければなりません。
そして財布も当然ながら必要で、高速などに乗る際には料金を支払うこととなります。

連絡手段としては携帯電話がありますが、カメラやナビゲーション機能が付いているものがいいでしょう。
暑さ対策などではハンカチや手ぬぐいが必需品で、夏には便利で乾きも早くなります。

ティッシュも走っている時にヘルメットのシールド部分に虫などが飛び込むことがあったり、トイレットペーパーの代用として活用できます。
他にも紫外線対策で日焼け止めクリームを用意するといいでしょう。

懐中電灯もツーリングでは必需品

ツーリングでは夜も走ることがありますので、懐中電灯も必需品です。
懐中電灯は色々な種類があり、ベルトで頭へ固定するヘッドライト型などがあり、灯りもLEDが使われていることがあります。

輝度を選択していくこともできますが、懐中電灯の耐久性などもチェックしておきましょう。
日が暮れていくと懐中電灯が無い時は、水を飲んでいくことができません。

懐中電灯は単三電池を利用することが多いため、準備をあらかじめ行っておきましょう。
単三電池を1本使用しているだけでも明るくて、電池の寿命が長くなっているLEDライトを利用しているケースが多いです。

スマートフォンなどの電子機器について、互換性もツーリングでは考えておきたいので、単三電池が望ましいです。
ヘッドライトだとヘルメットの上に巻いていくこともできるため、十分使っていくことが出来ます。

ランタンもツーリングでは活用できる

休憩を夜間に取っていく時などでランタンも必要となります。
ご飯を作ることがあったり地図を眺めていきながら、明日のツーリングのルートをチェックするというケースもあることでしょう。

そんなツーリングで使っていくランタンを選んでいく時のポイントとしては、まずどこで利用するランタンか判断しましょう。
テントの中で利用したり、外で使っていくかでランタンの選び方が大きく違ってきます。
テント内で使っていくならば、ランタンの燃料は電池にしましょう。

ツーリングの途中で外で宿泊するケースもあります。
そんな時にテントを用意する時は、換気も考えておきましょう。
外で利用する時は、基本的にランタンはどれでも問題ありません。

サイズはキャンプツーリングにおいて利用するランタンとなりますので、小さい方が収納力もあるためお勧めです。
荷物を極力減らせるようにする場合は、電池で利用するランタンがいいでしょう。