盗難保険とは?

バイクをこよなく愛するライダー達にとって、愛車が盗難の被害に遭うというのはとても悔しいことですし、悲しいことではないでしょうか。
こうしたバイクの盗難では、無事に返ってくるケースはほとんどなく、多くの場合は返ってこないか、パーツを分解された状態で見つかるかというケースが多くなっています。
特に人気のあるバイクは盗難に遭いやすい傾向にありますから、そうした方は盗難保険への加入も検討してみましょう。

盗難保険とは?

盗難保険に加入したからといって、盗まれた自身の愛車が返ってくるわけではありません。
しかし、保険金が下りてくれればそれを資金に新しいバイクを購入することはできます。
そのため、ライダーの中にはしっかり盗難保険に入っている方もいますが、中には「まさか自分のバイクが盗まれることないだろう」と根拠のない自信を持ち、盗難保険に入っていないこともあります。

盗難保険とは、バイクの盗難に遭った際に設定額に応じた保険金が支払われるというもので、掛け金や保険会社によって詳細は異なります。
現在では多くの保険会社がバイクの盗難保険を取り扱っており、独自のサービスや、様々なサービスを設けています。

基本的に掛け金が多いほど下りる保険金額は大きくなりますが、最終的な判断を下すのは保険会社となります。
やはり中には保険制度を悪用しようとする輩もいますから、時に盗難されたと偽装して保険金をだまし取ろうとするケースもあります。

この辺の判断は保険会社によって異なるため、保険に入っているからといって必ずしも保険金が下りるというわけではありません。

盗難保険のプラン

保険会社によりますが、盗難保険には複数のプランが設けられていることが多いです。
プランによって支払われる金額が変わったり、受けることのできる補償内容が違ってきたりします。

また、保険によってはバイク本体でなくとも、パーツに保険金が支払われることもあります。
パーツだけが盗難に遭った場合でも、設定された金額に応じて支払って貰うことができます。
ただし、保険会社によってはパーツの詳細な情報や、どのような状況下で盗まれてしまったか、など詳細な状況を説明しないといけないことも多く、時に保険金が支払われないということもあります。

現在では様々な保険会社があり、またバイク保険に特化したような企業もあります。
その中から信頼できる保険会社を探すというのは難しいことかもしれませんが、インターネット上の情報や口コミなども参考にしつつ選ぶと良いのではないでしょうか。

また、保険会社を選ぶ際には実績のある保険会社を選ぶようにしましょう。
名の知れた有名大手の保険会社でもバイク盗難保険を扱っていることがありますから、調べてみるのも良いのではないでしょうか。

バイクの保険加入が必須な理由

バイクは事故を起こしやすい

事故を起こしてしまった時などに手厚い補償を受ける為にも、保険は必要です。
ただ残念なことに、自動車に比べるとバイクの任意保険の加入率はまだまだ低いのが現状なのをご存知ですか。
しかし実際に道路を走っている様子を思い浮かべると、事故とは無縁かと言ったら決してそうではありません。
ちょっとした段差や水たまりでも場合によっては滑ってしまう事もあり、最悪の場合は死亡事故を起こしてしまう事も有るのです。

実は、自動車に比べるとバイクの方が事故発生率は高くなっています。
勿論、バイクに乗ったら絶対に事故を起こしてしまう訳ではありません。
安全運転をしていれば、ちょっとヒヤッとしてしまうような場面はあったとしても、大事故にはつながらずに今まで来た人も大勢いるでしょう。

また折角バイクをお手頃な価格で買ったのに、使うかどうか分からない保険に多額のお金を払うなんてもったいないと考えている人もいるかもしれません。
またバイク自体は自動車とは違って車検を受ける必要もないので中には自賠責すら加入していない物も存在しています。
(自動車の場合は自賠責に加入していないと車検を受ける事はできません。また車検時にその更新をしてもらうことができます)

保険加入はマナー

とはいえ、保険に未加入の上体はとても危険です。
ちょっと転んでしまってバイクが壊れてしまった時、バイクを修理する費用が多額になってしまったらどうしますか。
事故に相手がいる時、相手に対する賠償額がかなりの金額になってしまった時は全額自腹で払うことができるのでしょうか。

保険と言うのは、確かにいつも使う物ではありません。
だからどうしても必要ないのではないか、実はもったいないのではないかと思われてしまいがちです。
しかしもし何か起きてしまった時でも、保険に加入しておけばそれを利用して事故を起こしてしまった相手に対してもしっかりと保障する事だってできます。

実は保険は自分の為に加入しているだけでなく、一緒に道路を走っているその他の車やバイクや自転車、そして歩いている人などに対するマナーと言ってもいいでしょう。
バイクはとても馬力がある2輪車です。
便利でスピードも出るし、狭い所でもすいすい走って行く事が出来るとても便利な乗り物なのですが、その構造上どうしても転びやすいし、転んでしまった時は大きな事故を起こしかねません。
事故に相手がいる時も、自分だけで起こしてしまった事故の時も、出来るだけ元の状態に戻すためにも、そして相手に対してしっかりと償う為にも保険は必要です。

バイクに乗る人こそ、保険の加入が必要です。

車を運転する人の多くは自動車保険に加入しますが、バイクのみを運転する方は自賠責のみの加入である場合が非常に多くみられます。
保険料にお金を使いたくないと考える方も多いですし、大きな事故に合う事はないだろうと思ってしまう場合もあるでしょう。
しかし、車と違い怪我をする可能性が非常に高いのがバイクです。
少し考えてみれば、車とどちらが危険かは一目瞭然でしょう。
滑って転倒してしまう事もあれば、ちょっとした接触事故でも大怪我に繋がってしまう事が殆どです。
これは身を守るものがヘルメット位しかない、非常に軽装備である事が原因といえます。
そのため、もしスピードが出ていての事故・転倒があった場合、骨折してしまう事も多々ありますし、即入院になる怪我をする事も多いのです。
そんな大怪我をしてしまったにも関わらず、自賠責のみの加入だったらどうなるでしょうか。
自賠責というのは「相手方の怪我」へ賠償するためのものです。
それ以外の補償は一切されませんので、自分の怪我についても一円も出ません。
通院・入院費用、通院にかかる交通費、怪我によって仕事を休んだときの補償だってありません。
業務中の事故であれば労災が適用されますが、そうでないプライベート内での事故であれば受診費用は自己負担となります。
自分の怪我に対しても補償される内容が必要といえます。
また、車との接触事故を起こしてしまった場合はどうでしょうか。
車との事故だったら車の方が悪い、車の人から賠償を受ければ良いのではないか、と考える方もいらっしゃるでしょう。
しかし、実際は自転車や歩行者の事故でも過失割合が発生します。
という事は、バイクでもしっかりと過失割合が発生しますし、自分の過失割合分は車側に賠償する必要があります。
先ほども申し上げた通り、自賠責では相手の車の修理は対応できません。
そして、相手方との示談交渉もしてもらえないため、交渉は自分で行う必要があります。
これは大変手間がかかる事です。
仮に車側が6割、自分側に4割の過失割合で決まったとします。
車の修理代の4割を支払う事になりますが、相手方の車が高級車で損傷が大きかった場合、4割分だけといっても何十万も請求される事があります。
自賠責のみの加入であれば、自費で何十万も支払わなければなりません。
また、こちら側が怪我をしてしまった場合、相手方から6割分の通院費などは支払ってもらえますが、残りの4割については賠償してもらえません。
保険は自分自身を守るためのものです。
自分が運転をするにあたっての危険性をよく考え、それに見合った補償を受けられる内容で契約する必要があります。
月々の支払いは負担になるかもしれませんし、最終的には事故に合わない可能性だってあります。
もちろん、事故がなければそれにこした事はありません。
ですが、運転していたときに何かあれば賠償義務が発生します。
そのときのために安心を買うというのは重要な事です。
自分が運転をするにあたり、本当に安心できるのか、今一度考えてみましょう。

バイク保険は重要なものです

バイク保険というものはとても重要なものです。
これを甘く考えていてはとんでもないことになることも考えられます。
ですから、バイクに乗る際にはバイク保険というものを慎重に検討する必要があるでしょう、バイク保険は任意保険ですから入る入らないは任意です。
自賠責保険は必ず入らないといけませんが、自賠責保険というのは人身事故にのみの適用です。
物損事故には適用されませんからそこは気をつけていなければなりません。
バイク保険は任意とはいえバイクは非常に不安定な乗り物ともいえるでしょうから、事故などの可能性はかなり高い乗り物といえるでしょう。
バイクで転倒をしたことがないという人はほとんど聞いたことがありません。
そのような乗り物に乗るときに物損事故の適用がない状況でいていいのかどうかは慎重に考えるべきといっていいでしょう。
バイク単体の事故などであればまだいいかもしれませんが、相手がいるようなことも考えたほうがいいようにも思われます。
保険というものは万一に備えてはいるものなのですが、バイクの場合はその万一がかなりの確率でおきる可能性がありそうなのです。
バイクというものを軽く考えている人も多いようにも思われます。
バイクというのはすごい重さの鉄の塊といってもいいのです。
その重さは相当なもので、バイクの中では一番軽い原付でさえ、転倒して横向きになったら、女性の中には元に戻せない人がいるぐらいの重さの物なのです。
これがもっと大きなバイクになると男の人でも元にもどせないぐらいの重さがあります。
つまり人の力で持ち上げられないくらいの鉄の塊が時速何十キロというスピードで走っているわけです。
そんなものが人にぶつかったり、物にぶつかったりしたらどうなるかは想像できないぐらいです。
バイクは車に比較すると軽いものですが、自転車と比較すればはるかにヘビーなものです。
軽い自転車でさえ人や物にぶつかって大きな事故になっていたりします。
バイクは車よりもかなり軽いというようなイメージがあって甘くみるような感じもあるのですが、そのような認識はすぐに捨てなくてはならないでしょう。
バイクはとても重たい鉄の塊であるという認識で、いつでも凶器になりえるものという認識のもとで全ての行動を検討するといいでしょう。
そうすればバイク保険というものについてもどうすべきかなのかはおのずと答えがでてくることになるでしょう。
バイク保険を今一度考えてみるという時には、補償のないようなどを十分に考えてみるのもいいでしょう。
今ではネットなどでバイク保険の比較などもできますから、自分にはこれだなって思ったものをそのようなサイトを参考にして選ぶというのも悪くはありません。
バイク屋さんで店員さんのいわれるがままにバイク保険に加入するというのはあまりお勧めできません。
保険というものをしっかり理解して、どこまでの補償なのか、どんな場合に保険というものがおりてくれるのかといったようなこともしっかりと理解して検討するのがいいでしょう。

バイク保険も比較検討したほうがいいでしょう

バイク保険もいろいろ比較検討していいものを選ぶようにしたほうがいいでしょう。
最近ではバイク保険を比較したようなサイトもありますから、
そのようなサイトをみればかなり簡単に
いい保険をみつけることもできるといえるかもしれません。

バイク保険も安い買い物ではありませんから、
少しでもいいものを見つける努力をしたほうがいいといえるでしょう。
バイク保険に入っている多くの人はバイクを買ったところの業者さんが
進めるバイク保険に入っていることが多いのではないでしょうか。

それがいいかどうかはわかりませんが、少なくともバイク屋さんで
保険を決めるときに、いろんな保険を比較、検討して
保険に入ったという人は少ないと思われます。
それはかなりもったいないことではないでしょうか。

バイク保険は安い買い物ではありませんから、他にいい保険がないかどうか
検討してから入るのがいいと思います。
バイク保険に払うような金額の買い物をするときは、必ず、
他にいいものがないか、比較検討するような値段になっているのではないでしょうか。
それが、なぜかバイク保険のときは比較、検討もせずに
保険にはいってしまっているのが実情とおもわれます。
それは、比較検討するものが近くになかったからというのが
大きな要因だと思われるのですが、今はネットでその比較・検討が
簡単にいつでもできる時代となっています。

それはバイク屋さんでも可能といえるかもしれません。
ネットにつながっているパソコンが一台でもあればいいですし、
最近であればスマートフォンでバイク保険の
比較サイトに行って調べるということも可能でしょう。

ですから、いつでも、だれでも簡単にバイク保険の
比較はできるということを覚えておくといいと思います。
そして、バイクの購入時やバイク保険の更新の時には
それを見直すということをしてもいいでしょう。
バイク保険の比較サイトでは保険の特徴などをわかりやすく説明してくれている
コメントもあるでしょうから、そのようなコメントをみることで、
その保険がどんなものなのかが、よくわかるようにもなるとおもいます。

保険をしるときに、別の保険と比較することで、その保険の
よしあしがわかるというのはなんとなくわってもらえるのではないでしょうか。
バイクを一台だけみてもそれがいいかどうかはわからなくても、
複数のバイクを比較することで、どのバイクがいいのか
わかってくるというのと同じようなことだといえるのではないでしょうか。

ネットが普及していなかった昔であればそのようなことはできなかったでしょうが、
今はネットの普及でバイク保険の比較、検討も簡単にできるようになっていますから、
そのような比較サイトを利用しない手はないといえます。
そして、気に入ったバイク保険が見つかればそのまま申し込みや契約の更新をしていけばいいでしょう。
それらの手続きもそんなに難しいことはないでしょうから、その場で終わるぐらい簡単にできるでしょう。

バイク乗りに必要な事は

オートバイや車などでもそうですが
移動手段としては非常に便利な物です
特にバイクなどは近所をちょっと回るとか
街乗りと言われる事には使えるんですよね
しかし、注意しなければいけないのは
モラルにあると思います。

モラルはルールとは違って法律的に守らなければいけないって事はありませんが
円滑に生活をする為にはバイク乗りには必須だと思います。
バイク1つでも音は大きい物もありますし
排気ガスもあります。
こういう1つ1つをきっちり乗る事によって
始めてバイクの権利を主張出来ると思うんですよね。
バイクをいかに近所に気を使って乗るか?

1つずつ考えてみよう。
1つは経験があるとは思うのですが
暴走族などの改造マフラーでしょう。
これは騒音が異常に大きいので論外なのですが
実際にこの程度にならないにしても大きい音のマフラーなどを好む一部の人が居るのは事実です。
確かに音でこだわるのはそういう世界があるので分からない事はないのですが
やっぱり騒音が非常に大きく近所迷惑になってしまいます。

この音の関係は操作方法やアクセルの使い方にもいえます。
急発進急制動はエコの面でも有利なんですが
こういう騒音の面でも周りにやさしい運転方法と言えます。
これらの操作を極力辞める事によって
こういう騒音を抑え燃費をあげる行動になります。

そして次に注目するポイントは
バイク自体を邪魔な存在にしない事。
コンビニなどに無造作に置いてあって邪魔って事はあると思いますが
置き場所を気にするってのは重要なんですよね。
入口に大量に置いてあって出れないって事もあったのですが
こういう取扱いを周りに配慮する形にする事によって
バイク自体のイメージも良くなって行きます。

普段家の前などで整備をする人などは
こういう置いてある場所や周りの環境を考えて
空ぶかしなどを自重をする事により双方にやさしい環境になります。
確かに便利なのりものですが
こういう色々な乗らない人の環境を逆の立場になって考える事によって
近所迷惑も減ったりしますし
そういう行動を取るってのが重要かな?

後は歩行者にきっちりとした配慮をした運転をする。
これは直接は近所迷惑には掛からないのですが
地域にやさしい事をする事によって
その周りにやさしい事になります。

運転技術と言えば
車の横などを刷りぬけする時にも考えましょう。
普段の運転でもそうですが子供などが良く飛び出してきたりします。
小回りが効くのが利点でもあるのですが
こういう子供への被害が怒りやすいっていう側面があるのも事実。
近所の子供を守るのもこういう観点で重要ですし
車の事故へも繋がったりします。

バイクの近所への配慮は直接の迷惑行為を無くす+その地域へのきっちりとした貢献にあると思います。
この2つをきっちりやって初めて趣味としてのオートバイが成り立ちます。
こういった近所の人の立場にたった運転をして
楽しい趣味のバイクを色々楽しむ事が出来れば
みんな笑顔の町が出来ます。
最後にオートバイで近所迷惑は常に考えて行動をしましょう。
武器にもなりますし凶器になりますので心に止めて運転をしましょう。