ツーリングに持っていくべき工具

ツーリングに工具をしっかり持って行っていますか?

バイクに乗る人は通常、ある程度のメンテナンスができるといわれていますが、最近は性能がいいバイクが多いので、工具を持たずにツーリングに行くという人も多いようです。

街中で動かなくなったり、動きがおかしいという時には、近くのバイク店で診てもらう事が出来ますが、ツーリングとなると山の中、人気のないところを走っている場合もあり、そういった場所でマシンの調子が悪くなったら、自分で何とかしなければならないこともあります。
よく山道でバイクを押して歩いている人を見かけますが、ちょっとした工具を持っていればと後悔した経験があるライダーもいるのではないでしょうか。

今回はツーリングの際に持っておきたい工具について紹介します。

ツーリングの際に持っていくべき工具とは

バイク用にコンパクトにまとめられているマルチツール、これも便利な工具です。
ツーリングで役立つ機能が満載となっているツールで、バイク旅行の定番といわれています。
車載工具入れに入る工具なので、がさばる事もなく持っておくと便利です。

携帯用ソケットレンチセット、これはメガネレンチで回すソケットレンチ、コンビネーションツールの追加機能として利用できる便利ものです。
ツーリングに持っていくべき最小構成としては、ポケットサイズコンビネーションツール、眼鏡で回す携帯ソケットレンチセット、ミニチュアLEDライド、プラグレンチ、モンキーレンチです。

これに安心構成をするために付け足すものとして、バイスプライヤー、片口メガネレンチ、タイヤレバー、その他あると便利なものとして、パンク修理セット、補修用タイラップ、補修用ガムテープがあります。

ツーリングに持っていきたい車載工具の大きなポイントとは

ツーリングの時に持っていきたい車載工具の最も重要な点は、軽量でコンパクトつまり、携帯性が高いということが最も重要です。
万が一のトラブルの際に利用するのがこうした車載工具となりますので、トラブルが起きた時にすぐ利用できるという状態でなければ意味がありません。
常に社債億グランピング入れなどに収納しておけること、またライダーに負担をかけることなく簡単に利用できるものが最もふさわしいものと考える事が出来ます。

またこうした工具に高性能やブランド性を求める方もいますが、これは全く関係ありません。
万が一の時に利用する最小限の処置を行うための工具です。

想定外の使い方をすることもあるので、効率よく利用できる日常利用のものとは異なり、高性能のものやブランドなどを気にする必要はありません。

こうした工具は、走っているバイクに積んであるものなので、どうしても振動を受けます。
そのため、工具同士がぶつかって余計な摩耗とならないように、動かないような配慮も必要となります。

ツーリングバック(ハーレー編)

ハーレーのパーツ、その中でもツーリングによいバッグはないか?

ハーレーに乗っているとやはり遠乗りしたくなります。
宿泊する旅もハーレーなら難なくこなしますが、日帰りツーリングも楽しいものです。

最近は道路事情もよくなっているので、距離数がかなり伸び、色々なところまで日帰りでも足を延ばせるようになったので、ツーリングに最適な季節になったら出かけてみましょう。
あの安定感といいい、ハーレーはやっぱりツーリングに適していると強く感じるのですが、日帰りのツーリングを楽しむのなら、欲しくなるのがツーリングバッグです。

街の中で乗っている分には荷物を積むこともないのですがツーリングとなれば、日帰りでも持っていきたいものが多くなります。
そんな時に便利なのがハーレーのツーリングバッグです。

例えばマジックテープがついていて、シーシーバーに固定できるというタイプなら簡単に設置できますし、両側のジッパーを開くとサイドポケットが広がるというものもあり、ある程度の荷物が入るので日帰りから1泊くらいのツーリングに最適です。
この程度のバッグならレインウェアや着替え、その他必要なものが入るようになっていますので、日帰りにもいいですし、ちょっと何かを購入し荷物ががさばるという時にも便利です。

固定する際にはバックレスト付シーシーバーとラゲッジバッグがあると固定するのにピタッとはまります。
もしもパッセンジャーシートが空いているということなら、ラックかわりにシートにのせることもできるので、さまざまに利用できるタイプです。

もう少し大型が欲しいという場合も種類がある

ハーレーのツーリングバッグは大きさがいろいろ揃っているので、どの位の荷物をもっていくか?ということをよく考えてツーリングバッグを購入されるといいと思います。
容量がありやや大型のものとなるとがさばりそうですが、しっかり設置できるものなら、安定感もありがさばる感覚もなく取付ける事が出来ます。

大型のシーシーバーバッグをシーシーバーの後に設置したい地王時には、ラゲッジラックが必要になります。
両側にポーチなどがついているバッグなら、小物を入れる事が出来ますし、何かと便利です。

バイクからそのまま降ろして利用することも考慮し、ショルダーストラップつきのものも多くなっているので便利です。

ハーレーでツーリングするならカッコよく行きたい

どんなバッグでもいいというわけじゃなく、せっかくハーレーに乗っているのですから、ツーリングバッグもカッコよく決めたいものです。

こうしたハーレーのツーリングパーツは、インターネット上でもたくさん売られていますが、サイズや色、またどの位のものが入るのかしっかり調べてから購入される方がいいでしょう。

ツーリングに最適なバイク!ツーリングセローとは

ツーリングセローは旅仕様に出来る有能なパッケージ

セロ―250の旅仕様として登場したツーリングセローは、ツーリングに最適なバイクにするために快適なパーツがついたバイクに仕上がっています。
ツーリングしているとあのパーツやっぱりつけておくべきだったとか、失敗したと思う事も少なくありません。

セロー250に4点、専用のアクセサリーパーツがついていて、セロー250がツーリング専用になったというイメージです。
ノーマルのセローよりももちろん少々高くなりますが、別売りのパーツを取付けるとそれ以上に高くなるので、旅仕様にしたいという人にはいいパッケージとなっています。

ツーリングセローのアドベンチャースクリーン

夏場に高速走行しているとヘルメットに虫が当たったり、首元に虫が入ってくることもありますが、その虫が直撃するのを避けてくれるのがアドベンチャースクリーンです。
特にツーリングで山の方に走るという方、またキャンプツーリングをするという方にはヒジョウン便利なツールとなります。

またハンドルにマウントしているナビ、スマホなど、雨が降ってきたときに、雨が直接当たらないようにしてくれるという効果もあります。

寒い季節でもしっかり手を保温してくれるブラッシュガード

ハンドガードはもしも倒れた場合を考えると付けておく方がいいと思うパーツです。
ハンドガードは後付けしようとすると作業が面倒で、取付しにくいということもあるので、ツーリングセローの様に最初からついている方が安心とも考えられます。

手の防寒という意味もありますが、防雨という効果もあり、また倒してしまった時にクラッチレバーに傷をつけたり折れてしまうなどを予防してくれる効果も持っています。

アドベンチャーリアキャリアとアルミアンダーガード

アクセサリーキットの目玉、ツーリングセローの便利ものとして最も特徴的なのが、アドベンチャーリアキャリアです。
これは後付する場合、かなりお高くなるので最初からついている方がずっとお得です。

キャリア重量は2キロ、軽量でリアシートに沿うように低い位置に設置されていることが特徴です。
アルミアンダーガードはオフロードを走る時に必須といわれているアンダーガードで、林道を巡行する際などはしっかり守ってくれるので、非常に快適に走る事が出来ます。

走っていて安心感があるというのはツーリングする際に非常に大きなメリットだと感じます。

旅バイクとして登場したツーリングセローは、ツーリングが好きな人にとって最高のパッケージとなっています。
重量が重くなることや風圧を受けることもありますが、旅を楽しみたいライダーにとって、非常にお得になるこのツーリングセローは「買い」といっていいバイクです。

ツーリングに持っていくべきテント集

ツーリングにどんなテントをもっていくべき?

キャンプツーリング、気持のいい気候になるとやっぱりライダーとしては行きたくなります。
キャンプもグッズをしっかり持っていると面倒もなく楽しくできます。

特にキャプツーリングに欠かせないのがテントです。
テントには現在様々なものが登場していて、以前のように設置が面倒ということもなくなっているので、どのようなテントを選べばいいかポイントをよく理解しておくと、キャンプツーリングにピッタリのテントを探すことができます。

軽量性、また居住性も含めて、さまざまなテントがありますので、自分が行くキャンプツーリングにあったテントを決めて購入しましょう。

車のキャンプではないバイクだからこそこだわりたいテント

車のキャンプの場合、もしもの場合に備えて色々な物を積んでいくことも考えられますが、バイクの場合、必要最小限に荷物をまとめなければなりません。

ツーリングも宿泊する、キャンプするということならテントは必需品です。
まずライダーが購入するテントとしては、軽量であることが求められます。

軽くてコンパクトであれば、小排気量のバイクでツーリングする場合にもランディングにそれほど影響を与えません。
目安の重量は2キロから4キロくらいで、これ以上重くなると、小排気量、中排気量のバイクではテントの重量を感じながらランディングしなければなりません。

テントを積む一番いい場所としては、ライダーとリアケースの間くらいがちょうどいいので、このサイズに当てはまるものを選ぶことが基本となります。

設営は簡単?面倒な作業が必要ないテントを購入しよう

ツーリングを楽しむ、しかしツーリングというのはどんなに慣れている方でも疲労します。
疲労している体で、設営が面倒なテントを設置するというと、次回またキャンプツーリングに行こうという気持にならなくなるので、出来る限り設営が簡単なテントを選択します。

最近はポップアップテントなど種類も豊富になっていますし、ドーム型などのプラスアルファがあるテントも多くなっているので、どのような種類があるかを理解することも必要です。

バイクの場合、前室がある方がいい

ツーリングに適しているテントでも、前室がある、ないという違いがあります。
前室があると雨が降ってもそこで簡単な調理ができますがその分コンパクト性は少なくなります。

前室がないと収納する際にコンパクトにまとめる事が出来るという利点もあるので、ライダーが過ごしやすいのはどっちなのかということを考えて購入すべきです。
ただ前室があると非常に便利に利用できるので、出来れば前室のあるテントの方がいいと思います。

またテントは群れやすいので通気性のあるものが望ましいです。
雨が降った時通気性の悪いテントだと、本当にじめじめして気持ちが悪いものです。
インナーテントにメッシュを用いるという手もあります。

ツーリングマップルを活用してみよう

昔のライダーは地図をよく読めたけれど

今はバイクにもナビがついていて、どこに行くにも困る事がありませんが、ナビなどがない時代は、皆、ツーリングマップルを利用してこの先、自分が行く方向や間違った方向に走っていないか?等確認していました。
またツーリングマップルには、絶景ポイントや温泉、キャンプ場やその地域のグルメ情報、穴場スポット、さらに宿泊施設などの情報が網羅されているので、現代、ナビがあっても持っていくと非常に便利なのです。

ツーリングマップルはライダーがその土地に行くときに、必要な情報がたっぷり詰まっていて、該当エリアの範囲も非常に広くなっているので、活躍するアイテムとなります。
コストパフォーマンスもよく、携帯するのにちょうどいいA5版と、大きな文字で見る事の出来るB5変則ツーリングマップルRがあるので、見やすい方をもっていくと様々な情報を知る事が出来ます。

ツーリングマップルの魅力はライダー目線という点

ツーリングマップルの初代からずっと、この地図はライダー目線で作られているということが大きな魅力となっています。

このツーリングマップルは、ベテランライダーが実走取材し、モニターシステムを導入して常に新しい情報を与えてくれます。
これによって信頼性の高い情報をいつでもライダーたちが参考にすることができ、楽しく中身の濃いツーリングができるようになっているのです。

ロードマップは非常にこだわって作られていて、道路情報はもとより、宿泊や休憩施設、最近は足湯や日帰り温泉を楽しめる施設が多くなってきたので、そのような情報も網羅しています。
またその地域でどんなところを観光すべきなのか、見所はどこなのかということが一目見てわかるように作られています。

地図としてみるというよりも、情報誌として読める、またその土地の時代風景までわかるように作られているので、行く先々の事をあらかじめ調べていくこともなく、ツーリングマップル一つで、さまざまな情報を得る事が出来るのです。
オススメルートについては太い線で縁取り表現されていて、混雑を避ける道、通り抜けできる道などもしっかり書かれているので、ライダーにとってサポートアイテムとなること間違いなしです。

ツーリングマップルは持ち運びしやすいようにA5番ですが、ツーリングマップルRは、見やすさを重視している作りになっています。
図面を見やすく120%拡大しているというもので、折り返した状態を保持できるリング製本を採用し、使いやすく作られています。

実際にベテランライダーが走って調べている情報なので、ツーリングするライダーにとって欲しい情報がしっかり詰まっています。
今度ツーリングに行く前にぜひ、このツーリングマップルを準備しておくといいでしょう。

ツーリングに持っていくべき物

楽しくツーリングするために持っていくべきものとは

ライダーの方々の楽しみとしてはやはりツーリングがあります。
通勤通学などにバイクを使っているという人も、長い距離を自由に走る、また目的地まで寄り道をしながら走るツーリングは、バイクのりの楽しみ、特権です。

ライダーの持ち物はそのライダーがどのくらいツーリングの経験を持っているのか、どういうスタイルでツーリングをするのかによって、大きく違うが出てきます。
人によっては必要ないものも持っていけるのならもっていこうと考えますし、人によってはコンパクトに荷物をまとめようとします。

どの位の期間のツーリングになるのかなどによっても持ち物が違ってきますが、安全に楽しくツーリングを行うために、必須となる基礎グッズを紹介します。

絶対に持って行ってほしい安全にツーリングするための用具

まずは地図、ナビがありますが、地図をもっていく方がこの先どんなルートになるのか見当をつける事が出来ます。
1日日帰りというツーリングでも雨が降ってくるといやなので、雨が降ってくるときのためにまた防寒として、レインウエア、防水グッズなどをもっていく方が安全です。

車載工具を含めて左右レバーが交換できるくらいのリペアキット、季節の変わり目には防寒着もコンパクトに畳めるものをもっていくといいと思います。
ティッシュにガムテープ、特にキャンプツーリングに行く場合には必ず持っていきます。

救急セット(小さいものでいい)、健康保険証、免許証等は必須です。
健康保険証は以前、コピーでも診察してくれたのですが、今はどの病院もコピーはだめといわれるので、持っていく方がいいと思います。

眼鏡やコンタクトをされている方は、スペアになるもの、コンタクトは使い捨てがあれば多めに持っていくと安心です。
カメラは携帯、スマホでもかわりになりますが、より本格的に思い出を残すならカメラをもっていく方がいいエス。

財布、さらに排水溝などに鍵を落としてどうしようもなくなったという話もよく聞くので、スペアキーをもっていく方がいいと思います。

バイクに自賠的、任意保険が入っているでしょうか

通常バイクに自賠責保険や任意保険の証書が入っているはずです。
自賠責保険は携帯義務がある保険なので、必ずバイクに保管してください。

又任意保険についても、万が一事故を起こした時にすぐ連絡が必要となるので持っている方が安心です。
万が一ということは考えたくないのですが、もしも交通事故を起こした場合にこうした証書がないと面倒なことになります。

250cc以上のバイクには車検証の携帯義務もあるので、必ず持っていくことが必要です。
そして着替えですが、かさばるのでコンパクトに収納できるもの、また必要な物だけ持っていきます。
最悪安いものを現地で購入できると考えてもいいでしょう。

ツーリングにおすすめな懐中電灯とランタン

ツーリングに大事なものは色々とある

色々と大事なものをツーリングでは持っていくこととなりますが、外にずっといるためどこへ行く時にも持って行くようにしましょう。
当然ながら免許証も必要であり、免許不携帯となると罰金を支払わなければなりません。
そして財布も当然ながら必要で、高速などに乗る際には料金を支払うこととなります。

連絡手段としては携帯電話がありますが、カメラやナビゲーション機能が付いているものがいいでしょう。
暑さ対策などではハンカチや手ぬぐいが必需品で、夏には便利で乾きも早くなります。

ティッシュも走っている時にヘルメットのシールド部分に虫などが飛び込むことがあったり、トイレットペーパーの代用として活用できます。
他にも紫外線対策で日焼け止めクリームを用意するといいでしょう。

懐中電灯もツーリングでは必需品

ツーリングでは夜も走ることがありますので、懐中電灯も必需品です。
懐中電灯は色々な種類があり、ベルトで頭へ固定するヘッドライト型などがあり、灯りもLEDが使われていることがあります。

輝度を選択していくこともできますが、懐中電灯の耐久性などもチェックしておきましょう。
日が暮れていくと懐中電灯が無い時は、水を飲んでいくことができません。

懐中電灯は単三電池を利用することが多いため、準備をあらかじめ行っておきましょう。
単三電池を1本使用しているだけでも明るくて、電池の寿命が長くなっているLEDライトを利用しているケースが多いです。

スマートフォンなどの電子機器について、互換性もツーリングでは考えておきたいので、単三電池が望ましいです。
ヘッドライトだとヘルメットの上に巻いていくこともできるため、十分使っていくことが出来ます。

ランタンもツーリングでは活用できる

休憩を夜間に取っていく時などでランタンも必要となります。
ご飯を作ることがあったり地図を眺めていきながら、明日のツーリングのルートをチェックするというケースもあることでしょう。

そんなツーリングで使っていくランタンを選んでいく時のポイントとしては、まずどこで利用するランタンか判断しましょう。
テントの中で利用したり、外で使っていくかでランタンの選び方が大きく違ってきます。
テント内で使っていくならば、ランタンの燃料は電池にしましょう。

ツーリングの途中で外で宿泊するケースもあります。
そんな時にテントを用意する時は、換気も考えておきましょう。
外で利用する時は、基本的にランタンはどれでも問題ありません。

サイズはキャンプツーリングにおいて利用するランタンとなりますので、小さい方が収納力もあるためお勧めです。
荷物を極力減らせるようにする場合は、電池で利用するランタンがいいでしょう。

冬ツーリングの注意点

冬ツーリングの醍醐味を知る

これから冬にバイクでツーリングを行いたいと考えた時、その魅力を考えていくことでしょう。
実は季節としては寒さを感じる時期ですが、冬ツーリングは体に優しいです。
というのも昔は冬というのは、バイクだと暖機運転を行わなければ乗ることができないといわれていた乗り物でした。

しかし現在ではFI化によって快適な走行ができるようになっています。
空冷エンジンであるセローというのは、夏は長い距離を走って行くと熱ダレすることがあります。

冬は空冷が威力を発揮していきますので、ツーリングをしていても快適に感じることができます。
爽快感も冬ツーリングでは感じることができるでしょう。

そして道路が空いているというのも冬ツーリングの醍醐味です。
どうしても渋滞が多くなってしまう夏場やゴールデンウィーク中などは、ツーリングには向いていません。

しかし正月などは帰省によって街中が空いていることが多いです。
昼間に都心部をツーリングしてもいいでしょう。
虫なども多くありませんので、苦手という方にも向いています。

注意点はツーリング中の保温

冬ツーリングにおいて注意しなければポイントとして、最も大切なのはライダーの保温です。
体が徐々に冷えていきますので、風を通さない服装を着用しなければなりません。
ジャケットやパンツを選んでいくとともに、保温素材のフリースなどを下に着るようにしましょう。

ただ寒ければ多く着るという定義は合っていません。
ごわごわになってしまうと、冬ツーリングを行う際に操作を妨げてしまうことがあります。

組み合わせも気をつけなければなりませんので、着用には注意しましょう。
さらにジャケットの袖口であったり、襟元より風が入ってきてしまいます。
急激に体温を下げていきますので、ツーリングにおいて開口部は要注意です。

近年は電池やバッテリーを利用して、電源に発熱していくジャケットであったりパンツも多く販売しています。
財布に余裕があった時は活用していくと、ゴワゴワになったりモコモコになることがありません。
グローブの選択についても、ウインターグローブなどを利用して寒さを防いでいくように最善を尽くしましょう。

ツーリングのプランは夏以上に気をつける

冬の間は日が早く落ちてしまいますので、目的地や自宅にたどり着くプランを綿密に組んでいくようにしましょう。
そして休憩時も体温を下げていかないようにホットコーヒーを飲みたいところでしょう。
しかしコーヒーは利尿効果が高く、走行風によって冷えてしまうとトイレにすぐ行きたくなってしまいます。

極力コーヒーは避けながらツーリングを行うようにしましょう。
冬ツーリングは寒さの対策だけではありません。
コース編成もしっかりと時間を考えて組んでいきましょう。

初めてのツーリングで気を付けること

初めてツーリングに出かけるときには、楽しみやわくわく感もありますが、それと同時に不安な気持ちもあるものではないでしょうか。
ツーリングに限らず、初めての経験というのは何かと不安になってしまうものですし、当日までなかなか眠れないという夜が続くこともあるかもしれません。
ここでは、初めてツーリングに出かける方のために必要な情報をいくつかまとめてみました。
安全にツーリングを行うためにも是非参考にしてみてください。

周囲の動向に気を付ける

ツーリングサークルなどに入り、仲間たちとツーリングに出かける際には、周囲の動向にも気を配る必要があります。
みんなでペースを守って走っているのに一人だけペースを乱してしまうような行動をとるのはマナー違反です。

一人だけスピードを出してしまったり、明らかに他のメンバーよりも遅いスピードで走ってしまうと、全体のペースが乱されてしまい、決まった時間までに目的地につけなくなってしまいます。
仲間とのツーリングは共同作業なので、決して自分だけ良ければ良いというような考え方はせず、協調性を持って行動するようにしましょう。

時には、ガソリンスタンドに寄らずにそのまま目的地へ出発するケースもあります。
こうしたケースでは、ガソリンを入れ忘れていたり、残量が少ないとエンストしてしまう可能性もあります。
こうなるとメンバー全員に迷惑をかけてしまうことになるので、必ずツーリング前日までにはガソリンを入れておくようにしましょう。

また、当日の朝に気付いた場合には隠さずに正直に話し、途中でガソリンスタンドに寄って貰うなどしましょう。

持ち物は前日までにチェック

ツーリングに出かけるには手ぶらというわけにはいきません。
必要となる持ち物は必ず事前にチェックし、当日忘れ物がないようにしましょう。

最低限必要となるものには、まず雨合羽が挙げられます。
特に遠方へツーリングに出かける際には、目的地付近の天気は分かりません。
また、山を越えていく際には山だけ天気が悪いということもありますから、雨合羽は絶対に忘れないようにしましょう。

ツーリングといっても様々なツーリングがありますから、目的に応じて荷物は変える必要があります。
キャンプツーリングだと当然テントや調理器具、また様々なアウトドアツールが必要となりますし、どこかで一泊するツーリングなら着替えなども必要となります。

ツーリングの目的に応じて荷物を揃え、前日までにチェックは終わらせておきましょう。
どうしても心配な場合、一緒にツーリングに行くサークルのリーダーに相談してみるのも良いかもしれません。
初心者のうちは聞かないと分からないことも沢山ありますから、分からないことは遠慮なく聞いた方がツーリングを思い切り楽しむことができます。