都内からでも気軽に行けるワインディングロード「箱根ターンパイク」

関東圏のライダーに人気のツーリングスポット

箱根ターンパイクは神奈川県の小田原市から箱根町を通り、そこから湯河原町まで続く道です。
全長は約16kmと中距離で、有料道路となっています。
料金はかかるものの走りやすくて長めも良いことから、関東圏のライダーに人気となっています。

小田原は東京や横浜から気軽に向かいやすく、早めに出れば日帰りでも楽しむことができます。
さらにバイクのライディングを楽しめるだけでなく、箱根の温泉や伊豆の海岸風景を楽しんだり、富士山へ出かけたりしてみるのも良いでしょう。
さまざまな過ごし方ができるのもこの道路の魅力で、多くのライダーに支持されています。

箱根ターンパイクへ向かうには小田原厚木道路からすぐの小田原西ICが便利です。
ここから有料道路に入ることができ、終着点である湯河原町からは伊豆スカイラインという、もうひとつのツーリングロードにも入ることができます。
伊豆スカイラインも周辺の観光地を楽しみながら走れる魅力的な道なので、合わせて旅するのも良いでしょう。

全体的に走りやすいワインディングロードが続く

箱根ターンパイクは多くのライダーにとって走りやすく、見通しがとても良好です。
緩やかなワインディングはバイクを操る楽しさを感じるのにちょうど良く、高度な技術が必要な道はありません。
ただ、走りやすい分だけ気づかないうちにスピードを上げすぎてしまいやすいため、安全運転には気をつける必要があります。

また、箱根ターンパイクを箱根に向けて走っていくと、少しずつ標高が上がります。
すると徐々に寒くなるため、小田原付近を走っていて快適でも、防寒対策をしっかりする必要があります。
高いところになると標高は1,000m以上になるため、かなり寒いときもあります。
上着で調整できるようにしておくと、快適なツーリングを楽しむことができます。

有料道路はお金がかかるものの、混雑しにくいのがメリット

箱根ターンパイクは有料道路で、バイクで走る場合は小田原から箱根の間が500円ほど、箱根から伊豆の区間は100円ほどかかります。
それほど大きな金額ではないものの、有料道路をあまり走らない人にとっては負担に感じるかもしれません。
ただ、料金が発生する分、箱根ターンパイクは混雑しにくいのがメリットです。

無料の道路で良いツーリングスポットはあるものの、時期や場所によっては渋滞に巻き込まれることがあります。
これではせっかくのバイクの旅が退屈になってしまうため、多少のお金をかけて有料道路を走る意味はあると言えるでしょう。

箱根ターンパイクでの走りを楽しんだあとは、箱根で温泉を楽しむのも良いですし、富士山などの自然を写真で撮影するのも良いです。
あなたならではの楽しみ方で、箱根を満喫してください。

日本の道100にも選ばれる絶景が魅力の「磐梯吾妻スカイライン」

福島県内を通る、空を走るような感覚の道

磐梯吾妻スカイラインは福島県にある高湯温泉という温泉と、土湯峠という場所をつないでいる道で、全長約30kmとなっています。
正式名称は「県道70号線」で、山道を走るコースとなっています。
その標高はとても高く、一番高いところで約1,600mとなっています。
周りの風景を見渡すと道の名前にもなっているように、空を走っているような感覚になります。
こうした気分でツーリングを楽しめるスポットはあまりないため、福島県や東北地方を訪れたときにはおすすめです。

磐梯吾妻スカイラインはその魅力と特徴から、「日本の道100選」にも選ばれています。
日本の道100選とは日本の中でも絶景を眺められたり、走りやすかったりする道を100箇所選んだものです。
日本にはたくさんの道があるため、その中で選ばれたということは、いかにこの道が良い場所であるかを物語っています。

走行できるのは春から秋にかけて

福島県は気温が低い時期が長く続き、特に冬場はとても寒くなります。
そのため路面も凍りやすく、磐梯吾妻スカイラインは4月から11月までしか走行することができません。
これ以外の時期は封鎖されているため、出かけようと思っているときには気をつけましょう。

周辺はたくさんの木々に囲まれており、カーブが多いコースとなっています。
そのため中・上級者でも楽しめる道となっており、ライディングテクニックをさらに磨くにも最適です。
場所によってはカーブが連続しているところもあるため、無理な運転は控えて安全に走りましょう。

また、山道を走るため、勾配もあります。
ワインディングが続いているため、少しずつ変わる風景を楽しみながら走ることができます。
最初は目線の高さに緑が溢れる様子を楽しめますが、少しずつ標高が高くなるにつれて木々を上から見下ろすことができます。
そして最高地点に近い場所では雄大な福島の自然を眺めることができ、さらに奥には福島県の街も見通すことができます。

福島県は災害に見舞われましたが、現在は少しずつ復興されています。
こうした福島県の活気を見ることができるため、磐梯吾妻スカイラインの風景には他の地域にはない深さがあります。

温泉にも立ち寄ろう

磐梯吾妻スカイラインは高湯温泉に続いているため、ツーリングと合わせて温泉を楽しむのもおすすめです。
高湯温泉は白い濁りのある湯が特徴で、硫黄が成分となっています。
源泉かけ流しの温泉はバイクの旅で疲れた体を癒やしてくれて、休日を満喫することができます。
周辺にはたくさんの日帰り温泉があるので、それぞれの施設を巡ってみるのも良いでしょう。
数多くの魅力が詰まった磐梯吾妻スカイラインを、ぜひ楽しんでください。

東北の人気コース「蔵王エコーライン」

宮城と山形を結ぶ、東北屈指のツーリングロード

蔵王エコーラインは東北地方のツーリングスポットで、宮城県と山形県を結ぶ県道12号線を指します。
蔵王エコーラインは山道を走る道となっており、初夏から秋にかけて大自然を楽しむことができます。
東北地方は関東からもアクセスしやすく、暖かくなると多くのライダーが訪れています。
また、ライディングを楽しみながら、数多くの観光スポットに立ち寄るのもおすすめです。
宮城県も山形県も名所や名産品やたくさんあるため、計画を立てて向かいましょう。

蔵王エコーラインは全体的に整備されているため、初級から中・上級の人まで誰でも楽しめます。
路面は走りやすいように整えられており、傾斜も緩やかなワインディングが続きます。
東北地方は山が多く、ツーリングスポットも急な坂道が続く道がたくさんあります。
ですがこの道は比較的走りやすいため、のんびりとバイクを楽しみたいときに最適です。

低料金で利用できる蔵王ハイラインも魅力

蔵王エコーラインは無料で走ることがでぎますが、刈田峠から入れる「蔵王ハイライン」という道と合わせて走るのも良いコースです。
蔵王ハイラインは有料道路ですが、約400円ほどで利用でき、それほどお金の負担はかかりません。
また、後者も山道を走りますが、山頂に近い場所の走行となります。
周りの景色は海岸沿いとは大きく違う雰囲気で、その雄大さに感動するライダーが多くいます。

蔵王エコーラインもハイラインも、季節によって大きく変わる表情を眺めることができます。
初夏からは緑あふれる風景が広がり、秋は見事な紅葉を拝めます。
山が連なることで作られている紅葉の景色は、街中ではなかなか見ることができません。
ツーリングを楽しむなら、気温がまだ大きく下がらない秋までを目処に出かけると良いでしょう。

多くの人が訪れることもあるため、渋滞に注意

蔵王エコーラインはライディングにぴったりなだけでなく、観光名所としても高い人気を誇ります。
そのため時期やタイミングによっては多くの観光客が訪れており、渋滞に巻き込まれることもあります。
出かけるときには、前もって交通情報を確認して向かいましょう。

また、宮城県や山形県は雪が早い時期から降り始めるため、秋や冬にツーリングへ出かけるときには注意が必要です。
場合によっては雪や路面の凍結で道路を封鎖していることもあるため、寒い時期のツーリングは確認が大切です。

関東方面から向かう場合、米沢北本線料金所からがスムーズです。
この料金所を降りて国道13号線に入り、さらにそこから県道12号線に向かいましょう。
料金所からの所要時間は約1時間ほどで、ちょうど良いくらいの時間でツーリングを楽しめます。
青森や岩手から向かう場合も、同じくらいの時間で到着できます。

阿蘇山の雄大な景色を一望「阿蘇パノラマライン」

九州を代表する阿蘇山を存分に堪能しよう

阿蘇パノラマラインは熊本県にあるツーリングスポットです。
熊本県の東側には県道111号線という道路が通っており、阿蘇吉田線と呼ばれています。
阿蘇吉田線は以前は通行するのに料金がかかっていましたが、現在は無料となっています。
そのためしっかりと整備された道路を走りながら、阿蘇の雄大な景色を楽しむことができます。

九州地方には自然が多く、各地に個性豊かなツーリングスポットがあります。
ただ、その中でも阿蘇パノラマラインは熊本だけでなく九州全体で随一の名所となっているため、旅先として考えてみるのはおすすめです。

現在は復旧して、またバイクの旅を楽しめる環境に

熊本では過去に自然災害があり、大きな打撃を受けました。
その影響は阿蘇の周辺にも及んでおり、震災の前と後では観光客や訪れるライダーの数に大きな影響が見られています。
ただ、現在は復興が進んでおり、少しずつ以前の活気を取り戻しつつあります。

阿蘇山は見事な姿であり、日本の地質百選にも選ばれているほど豊かな自然が残っています。
九州へ行こうと考えているなら、1度は足を運んでみると良いでしょう。

また、阿蘇山でぜひ見ておきたいのが「カルデラ」です。
カルデラは火山の火口にできた窪地で、豊かな緑とブルーの湖を見ることができます。
他の地域にはない風景が広がっており、阿蘇山の火山としての荘厳さを強く感じられるため、阿蘇山へ出かけたときは見てみてください。

向かうときは交通情報のチェックを忘れずに

阿蘇パノラマラインは無料化されたことと近年の整備から、以前よりアクセスしやすくなりました。
ただ、雨などが降ると路面の状態が悪くなり、場合によっては通行止めなどが発生することもあります。
せっかくツーリングへ向かってもこのような事情があると楽しめないため、交通情報はきちんとチェックしておきましょう。
通行止めなどの情報は、阿蘇市のホームページに随時更新されています。

阿蘇パノラマラインには4つのコースがあり、それぞれで違った阿蘇の風景を眺めることができます。
各コースからの景色は「どの道を選んでも楽しめる」という人が多く、比較的近くに住んでいるなら全てのコースを走ってみるのもおすすめです。
ただしポイントによってはカーブが多かったり急だったりするため、初心者は注意して走行する必要があります。

また、牧草地が広がるエリアを走っていると、稀にあか牛を見かけることもあります。
あか牛は一般的な牛とは違う見た目で、阿蘇ならではの動物といえます。
わき見運転には充分気をつけながら、阿蘇でのツーリングを楽しみましょう。

阿蘇パノラマラインは九州を代表するスポットで、何度訪れても新しい発見があります。
日本でも数少ない風景をぜひ見に行ってみてください。

四国の海岸沿いを楽しむなら「横浪黒潮ライン」

海沿いをゆったりとツーリングできる名所

四国でツーリングを楽しむなら、「横浪黒潮ライン」はおすすめのスポットです。
高知県の須崎市にあるコースで、全長約19キロの道となっています。
海岸沿いを走るためツーリングには最適で、北側に目を向けると山並みも楽しむことができるため、海派の方にも山派の方にもぴったりです。

道は平坦な場所だけではなく、ところどころに起伏が見られます。
上り下りがあることでライディングも飽きずに楽しみやすく、カーブも随所にあるため、中級者以上のライダーにも適したコースです。

また、横浪黒潮ラインには宇佐大橋という橋があり、ここから高知県土佐市へとつながっています。
行きのツーリングを終えて帰るときにも便利なため、遠方から出かけるにも良いスポットといえます。

さまざまな観光スポットがあり、魅力溢れるコース

横浪黒潮ラインを走っていると、たくさんの観光スポットがあります。
そのひとつである「帷子崎展望台」は、太平洋の見事な風景を眺めることができ、特に春から夏にかけては爽快な名所です。
駐車場もしっかりと整備されていて、ライダーもバイクを停めておけるスペースが確保されています。
帷子崎展望台には休憩できる場所も用意されているため、長旅に疲れたらしばらく休むのも良いでしょう。

横浪黒潮ラインからアクセスできる高知県の須崎市では、イチゴ狩りも楽しむことができます。
温かい環境で育てられた高知県のイチゴはとても甘く、実もしっかりとしています。
ツーリングの途中に立ち寄り、仲間で楽しむのもおすすめです。

さらに須崎市では、「木工体験」もすることができます。
さまざまな木工細工を作ることができ、自分オリジナルの木製雑貨を作れます。

こうしたところを訪れるだけでも、四国でのツーリングを存分に満喫することができます。
横浪黒潮ラインの周辺には他にも多くの観光スポットがあるため、前もって計画を立てて足を運ぶと良いでしょう。

休憩するスポットを決めて、こまめに休もう

横浪黒潮ラインは前述の帷子崎展望台で休憩できるものの、休める場所はあまり多くありません。
前もってトイレに行っておき、少ない休憩スポットを活用して体力回復をしておくなど、こまめに休むことが大切です。

横浪黒潮ラインは料金が無料となっており、気軽に出向きやすいです。
また、海沿いの風景は早朝・昼間・夕方と時間が経つにつれ、表情が変わります。
観光スポットを上手く訪れながら、それぞれの時間帯にバイクで走ってみるのも良いでしょう。

このように横浪黒潮ラインは気をつけるべき点はあるものの、全体的に魅力溢れるツーリングスポットです。
ぜひ訪れて、四国や高知県を楽しんでください。
そこにはきっと、新たな発見があるはずです。

美しい山岳地帯を楽しめる「高野龍神スカイライン」

和歌山県にツーリングへ出かけよう

高野龍神スカイラインは和歌山県を通っているツーリングスポットで、自然豊かな山岳の風景を楽しみながらバイクに乗ることができます。
山並みの風景は地域によって雰囲気が変わり、和歌山県もその地域特有の印象が感じられます。
和歌山県は三重県や奈良県に隣接していて、紀伊半島に位置しています。
こうした地域にバイクで出かける予定があるなら、高野龍神スカイラインはおすすめです。

この道は全長43kmほどとなっており、和歌山県の中でも北東部にあります。
伊都郡高野町奥という地域の交差点と、和歌山県の田辺市龍神村を結んでおり、さまざまな人が利用しています。
高野龍神スカイラインは山道を走りますが、標高は高いところで1,300mを超えます。
こうした高い場所から見下ろす周辺の風景はとてもダイナミックで、バイクに乗っているとその自然を肌で感じることができます。

温泉も多いため、ライディングの疲れを癒やすにも最適

高野龍神スカイラインからアクセスできる田辺市には「龍神温泉鏡」という温泉があり、地元の人や多くの観光客で賑わっています。
バイクに乗っていると、気づかないうちに体力や集中力を使っているものです。
龍神温泉は体の疲れを癒やすのに最適で、旅をさらに充実したものにしてくれます。
龍神温泉は有名な温泉街に比べると知名度は劣るものの、その分ゆったりと過ごしやすいです。

また、バイクから見る山岳の風景と温泉から見渡す周囲の景色は、似ていますが大きく異なるものです。
それぞれに良さがあるため、温泉に浸かりながら和歌山の大自然を満喫してみるのも旅の醍醐味といえるでしょう。

さらに和歌山県には、「ごまさんスカイタワー」というスポットがあります。
これは高野龍神スカイラインの途中にある道の駅で、スムーズに立ち寄ることができます。
ごまさんスカイタワーにはお土産物屋の他に和歌山県で採れた食材を使った料理を楽しめるレストランがあり、さらに名前にもなっている展望台からは紀伊半島を見渡すことができます。
展望台は約30mほどあり、周囲を見るにはちょうど良い高さとなっています。

高野龍神スカイラインへのアクセスと注意すべき点

高野龍神スカイラインを訪れるときには、伊都郡高野町奥の院から向かうのが便利です。
大阪から約2時間ほど、名古屋から向かう場合は4時間ほどかかり、中距離のツーリングに適しています。
また、料金は無料のため、気軽に走れます。

道は整っており、走りやすい路面となっています。
カーブや勾配も程よくあるため、幅広いレベルのライダーに楽しめるスポットといえます。
夜間は通行止めになることがあるため、注意が必要です。

単独事故ってなに?単独事故をおこした際の対処法

公道での単独事故も警察へ連絡が必要

単独事故とは、本人に100パーセントの過失や責任があり、事故当事者が自分のみで相手方が存在しないケースをいいます。
例えば、クルマをガードレールや電柱にあてたケース等の自損事故が当てはまります。

自宅敷地内などでの事故は自分の所有物に対する損害であり、警察への届け出は必要ありませんが、市道などの公道で発生した単独事故は警察への連絡が義務付けられます。
単独事故の連絡は非常に単純で、現場から警察に電話して事故が発生した旨と場所、被害の状況、単独事故後に取った周辺の安全措置を伝えます。
警察が到着して確認すれば終了します。

単独事故で警察へ連絡をしない場合のリスク

単独事故の当事者が、警察に連絡せずに黙って立ち去る場合もあると思われますがこの場合、報告義務に反しているというのみならず、後々面倒ですので必ず届け出ましょう。
近年は、監視カメラの設置やドライブレコーダー搭載車も多く、容易に事故当事者が見つけられてしまいます。
その場合、スタート時点から警察の印象は悪いのでやましい事情があるのではないかと疑いをかけられて捜査がスタートするという事になります。

特になぜその場を立ち去ったかについては、飲酒運転など悪質な行為があったのではないかという疑いからスタートするためいたって愉快なモノではありません。
また、実質的な損失として、保険会社にクルマの修理代や治療代を請求する際に必要な警察が発行する証明書類が出されずに、保険請求が出来ない場合があります。

警察に届出さえ出しておけば、ガードレールや道路標識の損害について物損の賠償請求を受けた場合でも、保険会社が証明書を取るなど手続きが可能で解決がスムーズです。
自宅の車庫入り口で車体を擦ったなどの、保険金請求を断念する覚悟のできる場合では届出は必要ないでしょう。
しかしガードレールや標識などの公共物を損壊した場合は、その後の問題を円滑に解決するため、警察への連絡は必須事項です。

現場の安全確保とバイクの移動

バイクの単独事故の特徴として、事故発生時に転倒しライダー自身も負傷する場合が多いという事が挙げられます。
転倒して、自力で起きられないような場合は周囲の方が警察や消防に連絡してくれるのを待つほかはありません。
事故後大事なことは2次事故を防ぐ事ですので、自力で動ける場合は冷静に周囲の状況を確認して、自分のバイクがクルマの通行の邪魔になっていないかチェックします。

もし邪魔になっている場合は安全を確保しつつ路肩などに移動させたり、後続車に注意喚起を促したりするようにします。
見通しの悪いカーブで転倒した場合などは、後続車が気付きにくいため危険です。
全てを一人で対応するのが困難と判断すれば無理をせず、速やかに警察や消防に通報しましょう。
事故防止の対策をとったのち自分も負傷を負っていれば診察を受けておきましょう。

物損事故と人身事故の違いは?

人身事故と物損事故の相違点と判断方法

「物損事故」は、物的な損害のみ発生した事故で、例えばクルマの破損、ブロック塀の損壊などが挙げられます。
対する「人身事故」は、交通事故を起因として被害者が死傷した事故を指します。
物損が生じて、人も死傷すれば人身事故となります。
つまり、2者の区分は、人身は人の命や体に損失を与える事故で、物損はモノのみが損壊し人はケガを負わないという事です。

加害者が事故を物損にしたがる理由

交通事故が発生した場合、加害者サイドは物損事故の扱いにしたがる傾向が見られます。
その理由は物損扱いにすることにより、加害者に複数のメリットが生じるからです。

第1点として、物損事故のケースでは、原則として加害者は免許の点数が加算されないのに比べ、人身事故のケースでは加算が逃れられません。
無事故・無違反が1年以上継続すれば点数は消えるのですが、累積点数が、6点以上になれば免許停止、15点以上になれば免許取り消しという厳しい処分が下されるのです。

第2点として、人身の場合には業務上過失傷害罪など罪に問われる恐れがありますが、物損扱いの場合、加害者は基本的に刑事罰を受けなくて済みます。

第3点目として、物損扱いとなれば、加害者サイドが支払う賠償金額は少なくて済みます。
具体的には物損のケースでは、慰謝料の概念がないことに加え、後遺障害もないため、示談交渉も短期間で簡単に終了します。

このように、物損扱いにしてしまえば、加害者にとって事故後の負担が小さくなり、メリットが大きいのです。
特に物損扱いにしたがる傾向にある加害者としてタクシーやトラックのドライバーが挙げられます。
それは、事故処理に対する知識が豊富で、物損扱いが有利であることをよく知っているからです。
悪質な場合は、被害者が救急車で搬送されたにも関わらず、ケガの程度が軽ければ治療費は払うから物損扱いで……と加害者に依頼することもあります。
タクシーやトラックのドライバーの場合、人身事故で点数が加算され免許がなくなれば仕事を失う事にもつながりかねませんので、気持ちはわからないわけではありませんが……。

交通事故を物損扱いとした場合の被害者のデメリット

交通事故を物損扱いにしてしまった場合、被害者にはデメリットが複数あり、事故でケガを負った場合には、人身事故として届け出なければいけません。
一旦届ければ、基本的には人身事故から物損に取り扱いを変更する事は出来ません。

物損扱いの大きなデメリットは、事故を起因としてケガをした場合でも賠償金額が著しく少額なモノになってしまう事です。
物損扱いでは、クルマの修理代程度が支払われる程度で、治療費や後遺障害が生じた際の慰謝料、逸失利益が支払われません。

特に問題となるのは、物損は自賠責保険の対象とならない事です。
物損扱いの場合は自賠責保険が機能しないため、相手の任意保険、それに加入していなければ相手との交渉で物的損害の金額を払ってもらわなくてはいけない事です。

いくらかかるの?交通事故で弁護士を雇う場合の平均相場

交通事故に損害賠償手続きを弁護士に依頼

事故当事者が事故後の示談交渉や調停、裁判に当たり、弁護士に依頼を検討するときのイメージは、コストが高くついてとても無理だと思う方も多いでしょう。
しかし弁護士に事故後の諸手続きを依頼した場合に得られる利点は、経済的な利益に限らず、精神的サポートも見逃せませんので、検討してみてはいかがでしょう。
ここでは、弁護士の選び方や弁護士に依頼する場合の費用に関して整理してみます。

弁護士を選ぶに当たり事前に無料相談を活用

現在、弁護士費用は自由化されており、事務所ごとに費用は異なりますので、依頼するに当たりどの程度費用が掛かるのかを把握しておく必要があります。

もちろん安ければ良いという性質のサービスではありませんので内容をよく把握して選ぶ必要があります。
交通事故を専門分野とする多くの事務所で事前の無料相談を行っています。
また、時間当たり5,000円~の低料金で相談に乗ってくれる事務所も多くありますので、何か所か相談してみて料金内訳、担当弁護士との相性などを勘案して決めることをおススメします。

弁護士費用と利益を比べて依頼するかどうかを判断

まず弁護士に依頼した際の費用詳細を確認して、どの程度かかるかを把握した上、メリットが大きいと判断した場合に依頼するようにします。
契約内容によってはコストを安く抑えて大きなメリットを享受できる場合がある反面、弁護士費用がメリットを帳消しにする場合もあります。
正式な依頼の前に、弁護士費用の料金の仕組みを確認して、理解しておく必要があります。

交通事故で依頼する場合の弁護士費用の内訳

弁護士に相談し交渉ごとや申請を依頼する際には、法律相談料や着手金、報酬金などの弁護士報酬関係の部分と必要経費部分からなり、この合計額が弁護士費用となります。

1.法律相談料は、弁護士に法律相談をした時間当たりの定額で算定されますので、相談の結果問題が解決しなくても、内容に不満であっても必要となります。
2.着手金は弁護士と示談交渉等を正式に契約する際に発生するもので、弁護士の初動活動費的な名目です。
着手金は、弁護活動の成果には連動しませんので、交渉がまとまらなかったり、期待した成果がなかったりした場合にも返金されません。

3.報酬金は、弁護活動の成果の度合いによって算出される成功報酬で、慰謝料が増額された場合などに発生します。
交渉がまとまらなかった場合は支払わなくても良い費用です。
4.交通事故の依頼における必要経費は法令上作成が必要な書類作成、示談や訴訟に関して必要な諸手続きの手数料などが挙げられます。
具体的には、印紙代や申請手数料、交通費、通信費などですが、遠隔地への出張があれば想定外に大きな金額になるケースもあります。

示談交渉を始めるタイミング

事故の損害賠償は示談で解決が9割

交通事故で当事者に損失が生じた場合、賠償請求が必要になりますが、最もポピュラーな解決方法は、加害者と被害者が互いに話し合って合意する示談です。
交通事故のおおむね90パーセントは示談で解決すると言われるほどで、長い時間やコストが必要な調停や裁判という方法はあまり活用されません。
可能な限り、事故当事者双方が納得出来る内容で、示談を成立させることが望ましいと言えます。

示談交渉は事故発生直後から開始出来る

示談は、事故発生後いつからでもスタートする事が出来、事故現場で賠償金額の合意が出来て口頭で約束した場合でさえ、示談の成立が認定されるケースもあります。

しかし、チョットした事故のケースでも、発生時に感じなかった痛みや症状が時間の経過とともに出てきたり、予想以上の治療費が発生したりするケースがありますので、その場で示談交渉の合意に至るのは好ましくありません。
一旦示談が成立したと認定されれば、事情が変わったからと言って、内容を変更したりリセットしたりすることは極めて困難です。

ケガを負った場合は治療終了後に交渉をスタート

被害者が請求する損害賠償金は、ケガによる治療費や薬品代に加えて通院に要したタクシー代など交通費も対象に含まれます。
ケガが完治するまでは医療費を含む賠償金額が確定しませんので、ケガが完治したのち示談交渉をスタートさせるのがベストです。
また、事故とケガの因果関係を明確にするため事故後時間を置かずに病院で診察を受け、交通事故を起因とするケガであると診断してもらい、完治するまで通院することがポイントです。

後遺障害が残るケースは症状固定のタイミングで示談スタート

被害者が重大なケガを負った事故のケースでは、示談交渉スタートのタイミングは症状固定の時がベストです。
ケガの治療期間が長くなると、相手側の保険担当者から、早く示談交渉をスタートさせたいと連絡が来る事があります。

しかし慌てる事無く治療を続けて、これ以上は治癒が見込めないというタイミングで後遺障害が確定されるので、担当の医師と相談のうえで症状固定を行い、示談交渉をスタートさせます。

相手の言うままに慌てて示談をスタートした場合、示談成立後にほかの後遺障害が診断されて、対象外となる可能性があるのです。
一般的なケガのケースでは事故発生の後約半年程度で医師に症状固定が認定されると言われます。

症状固定の意味

症状固定とは、さらに治療を継続しても回復が期待できないタイミングを言います。
これは医学用語ではなく、損害賠償の世界で使われる用語です。
医学的には、ケガの症状がなくなるまで治療を継続すべきですが、一定の時期に損害賠償金額を確定しないと、加害者にとっても被害者にとっても不安定で心労が募るだけです。

そこで一定の時期に症状固定を行い、以降の治療費などは後遺障害として逸失利益などを算定して、賠償金額の支払いを行った方が合理性があるとの理論によるものです。