バイクの試乗を行ううえでの注意点

バイクの試乗を行ううえでの注意点

試乗可能かどうか、前もって確認しておくべき

バイクの試乗をするときには、前もってバイクショップに試乗ができるかどうかを確認しておくと安心です。
バイク店によっては乗りたいバイクを扱っていなかったり、突然試乗をしたいと言われても対応できなかったりすることがあります。
そのためお店へ向かう前に連絡を入れておくことで、試乗ができるかどうかお互いスムーズに対応をすることができます。

前もって確認をするためには、行こうと思っているバイク店の電話番号を調べる必要があります。
スマートフォンなどで検索すると電話番号を知ることができるため、時間のあるときにチェックしておきましょう。

最近では検索するだけでページトップに電話番号が表示されることが多いですが、店舗ではなく本社の番号だったりすることも珍しくありません。
また、実は別のお店と間違えていたけど気付かずかけてしまったということもありますから、面倒でもお店のサイトやSNSまで行き、試乗を行いたい店舗の番号かどうかチェックしてから電話をかけるようにしましょう。

営業時間外は電話を受け付けていない店舗もありますから、営業時間内に電話をするようにしてください。

服装は、試乗をしやすい格好で向かう

バイクショップへ向かうときは、服装にも気をつけましょう。
バイクを購入するだけではなく、文字通りバイクに乗って運転をしますから服装は何でも良いわけではありません。
さらに慣れないバイクに乗るわけですから、バイクの運転に適した動きやすい格好で店舗まで赴きましょう。

もし試乗の最中に転倒などをしてしまうと、バイクに傷をつけたり故障を引き起こしたりする可能性があります。
動きやすい服装で試乗すれば、少なくとも服が引っかかったり上手く体を動かせなかったりすることによるトラブルは避けることができます。
基本的にはデニムなどのパンツにTシャツなどを着て、寒い時期にはその上から動きやすいブルゾンやジャケットなどを羽織ると良いでしょう。

服装に気をつけてお店へ向かうと、スタッフの方も「この人の服装なら問題なく試乗できそうだ」と安心してくれるでしょう。

運転中は、バイクの操作に注意する

試乗をするときは、服装の他にも運転にも気をつける必要があります。
操作したことがないバイクに乗るのは、自分にとってもお店にとってもリスクのあることです。
そのため、普段よりも最新の注意を払いながら乗るようにしましょう。

ここまで書くと「心配しすぎではないか」と思うかもしれませんが、試乗車を壊してしまうと損害賠償などの問題が生じてしまいます。
せっかく楽しみにしていたバイクの購入のための試乗が残念な結果になってしまうため、しっかりと注意しましょう。

以上の点に気をつければ、バイクの試乗体験を良いものにできるはずです。
ぜひ参考にしてください。

GRtra7uK

コメントを残す