1. >
  2. >
  3. ツーリングバック(ハーレー編)
バイク

ツーリングバック(ハーレー編)

ハーレーのパーツ、その中でもツーリングによいバッグはないか?

ハーレーに乗っているとやはり遠乗りしたくなります。
宿泊する旅もハーレーなら難なくこなしますが、日帰りツーリングも楽しいものです。

最近は道路事情もよくなっているので、距離数がかなり伸び、色々なところまで日帰りでも足を延ばせるようになったので、ツーリングに最適な季節になったら出かけてみましょう。
あの安定感といいい、ハーレーはやっぱりツーリングに適していると強く感じるのですが、日帰りのツーリングを楽しむのなら、欲しくなるのがツーリングバッグです。

街の中で乗っている分には荷物を積むこともないのですがツーリングとなれば、日帰りでも持っていきたいものが多くなります。
そんな時に便利なのがハーレーのツーリングバッグです。

例えばマジックテープがついていて、シーシーバーに固定できるというタイプなら簡単に設置できますし、両側のジッパーを開くとサイドポケットが広がるというものもあり、ある程度の荷物が入るので日帰りから1泊くらいのツーリングに最適です。
この程度のバッグならレインウェアや着替え、その他必要なものが入るようになっていますので、日帰りにもいいですし、ちょっと何かを購入し荷物ががさばるという時にも便利です。

固定する際にはバックレスト付シーシーバーとラゲッジバッグがあると固定するのにピタッとはまります。
もしもパッセンジャーシートが空いているということなら、ラックかわりにシートにのせることもできるので、さまざまに利用できるタイプです。

もう少し大型が欲しいという場合も種類がある

ハーレーのツーリングバッグは大きさがいろいろ揃っているので、どの位の荷物をもっていくか?ということをよく考えてツーリングバッグを購入されるといいと思います。
容量がありやや大型のものとなるとがさばりそうですが、しっかり設置できるものなら、安定感もありがさばる感覚もなく取付ける事が出来ます。

大型のシーシーバーバッグをシーシーバーの後に設置したい地王時には、ラゲッジラックが必要になります。
両側にポーチなどがついているバッグなら、小物を入れる事が出来ますし、何かと便利です。

バイクからそのまま降ろして利用することも考慮し、ショルダーストラップつきのものも多くなっているので便利です。

ハーレーでツーリングするならカッコよく行きたい

どんなバッグでもいいというわけじゃなく、せっかくハーレーに乗っているのですから、ツーリングバッグもカッコよく決めたいものです。

こうしたハーレーのツーリングパーツは、インターネット上でもたくさん売られていますが、サイズや色、またどの位のものが入るのかしっかり調べてから購入される方がいいでしょう。

あわせて読みたい