1. >
  2. >
  3. ツーリングに持っていくべき工具
工具

ツーリングに持っていくべき工具

ツーリングに工具をしっかり持って行っていますか?

バイクに乗る人は通常、ある程度のメンテナンスができるといわれていますが、最近は性能がいいバイクが多いので、工具を持たずにツーリングに行くという人も多いようです。

街中で動かなくなったり、動きがおかしいという時には、近くのバイク店で診てもらう事が出来ますが、ツーリングとなると山の中、人気のないところを走っている場合もあり、そういった場所でマシンの調子が悪くなったら、自分で何とかしなければならないこともあります。
よく山道でバイクを押して歩いている人を見かけますが、ちょっとした工具を持っていればと後悔した経験があるライダーもいるのではないでしょうか。

今回はツーリングの際に持っておきたい工具について紹介します。

ツーリングの際に持っていくべき工具とは

バイク用にコンパクトにまとめられているマルチツール、これも便利な工具です。
ツーリングで役立つ機能が満載となっているツールで、バイク旅行の定番といわれています。
車載工具入れに入る工具なので、がさばる事もなく持っておくと便利です。

携帯用ソケットレンチセット、これはメガネレンチで回すソケットレンチ、コンビネーションツールの追加機能として利用できる便利ものです。
ツーリングに持っていくべき最小構成としては、ポケットサイズコンビネーションツール、眼鏡で回す携帯ソケットレンチセット、ミニチュアLEDライド、プラグレンチ、モンキーレンチです。

これに安心構成をするために付け足すものとして、バイスプライヤー、片口メガネレンチ、タイヤレバー、その他あると便利なものとして、パンク修理セット、補修用タイラップ、補修用ガムテープがあります。

ツーリングに持っていきたい車載工具の大きなポイントとは

ツーリングの時に持っていきたい車載工具の最も重要な点は、軽量でコンパクトつまり、携帯性が高いということが最も重要です。
万が一のトラブルの際に利用するのがこうした車載工具となりますので、トラブルが起きた時にすぐ利用できるという状態でなければ意味がありません。
常に社債億グランピング入れなどに収納しておけること、またライダーに負担をかけることなく簡単に利用できるものが最もふさわしいものと考える事が出来ます。

またこうした工具に高性能やブランド性を求める方もいますが、これは全く関係ありません。
万が一の時に利用する最小限の処置を行うための工具です。

想定外の使い方をすることもあるので、効率よく利用できる日常利用のものとは異なり、高性能のものやブランドなどを気にする必要はありません。

こうした工具は、走っているバイクに積んであるものなので、どうしても振動を受けます。
そのため、工具同士がぶつかって余計な摩耗とならないように、動かないような配慮も必要となります。

あわせて読みたい