1. >
  2. >
  3. ツーリングに持っていくべきテント集
キャンプ

ツーリングに持っていくべきテント集

ツーリングにどんなテントをもっていくべき?

キャンプツーリング、気持のいい気候になるとやっぱりライダーとしては行きたくなります。
キャンプもグッズをしっかり持っていると面倒もなく楽しくできます。

特にキャプツーリングに欠かせないのがテントです。
テントには現在様々なものが登場していて、以前のように設置が面倒ということもなくなっているので、どのようなテントを選べばいいかポイントをよく理解しておくと、キャンプツーリングにピッタリのテントを探すことができます。

軽量性、また居住性も含めて、さまざまなテントがありますので、自分が行くキャンプツーリングにあったテントを決めて購入しましょう。

車のキャンプではないバイクだからこそこだわりたいテント

車のキャンプの場合、もしもの場合に備えて色々な物を積んでいくことも考えられますが、バイクの場合、必要最小限に荷物をまとめなければなりません。

ツーリングも宿泊する、キャンプするということならテントは必需品です。
まずライダーが購入するテントとしては、軽量であることが求められます。

軽くてコンパクトであれば、小排気量のバイクでツーリングする場合にもランディングにそれほど影響を与えません。
目安の重量は2キロから4キロくらいで、これ以上重くなると、小排気量、中排気量のバイクではテントの重量を感じながらランディングしなければなりません。

テントを積む一番いい場所としては、ライダーとリアケースの間くらいがちょうどいいので、このサイズに当てはまるものを選ぶことが基本となります。

設営は簡単?面倒な作業が必要ないテントを購入しよう

ツーリングを楽しむ、しかしツーリングというのはどんなに慣れている方でも疲労します。
疲労している体で、設営が面倒なテントを設置するというと、次回またキャンプツーリングに行こうという気持にならなくなるので、出来る限り設営が簡単なテントを選択します。

最近はポップアップテントなど種類も豊富になっていますし、ドーム型などのプラスアルファがあるテントも多くなっているので、どのような種類があるかを理解することも必要です。

バイクの場合、前室がある方がいい

ツーリングに適しているテントでも、前室がある、ないという違いがあります。
前室があると雨が降ってもそこで簡単な調理ができますがその分コンパクト性は少なくなります。

前室がないと収納する際にコンパクトにまとめる事が出来るという利点もあるので、ライダーが過ごしやすいのはどっちなのかということを考えて購入すべきです。
ただ前室があると非常に便利に利用できるので、出来れば前室のあるテントの方がいいと思います。

またテントは群れやすいので通気性のあるものが望ましいです。
雨が降った時通気性の悪いテントだと、本当にじめじめして気持ちが悪いものです。
インナーテントにメッシュを用いるという手もあります。

あわせて読みたい