1. >
  2. >
  3. ツーリングマップルを活用してみよう

ツーリングマップルを活用してみよう

昔のライダーは地図をよく読めたけれど

今はバイクにもナビがついていて、どこに行くにも困る事がありませんが、ナビなどがない時代は、皆、ツーリングマップルを利用してこの先、自分が行く方向や間違った方向に走っていないか?等確認していました。
またツーリングマップルには、絶景ポイントや温泉、キャンプ場やその地域のグルメ情報、穴場スポット、さらに宿泊施設などの情報が網羅されているので、現代、ナビがあっても持っていくと非常に便利なのです。

ツーリングマップルはライダーがその土地に行くときに、必要な情報がたっぷり詰まっていて、該当エリアの範囲も非常に広くなっているので、活躍するアイテムとなります。
コストパフォーマンスもよく、携帯するのにちょうどいいA5版と、大きな文字で見る事の出来るB5変則ツーリングマップルRがあるので、見やすい方をもっていくと様々な情報を知る事が出来ます。

ツーリングマップルの魅力はライダー目線という点

ツーリングマップルの初代からずっと、この地図はライダー目線で作られているということが大きな魅力となっています。

このツーリングマップルは、ベテランライダーが実走取材し、モニターシステムを導入して常に新しい情報を与えてくれます。
これによって信頼性の高い情報をいつでもライダーたちが参考にすることができ、楽しく中身の濃いツーリングができるようになっているのです。

ロードマップは非常にこだわって作られていて、道路情報はもとより、宿泊や休憩施設、最近は足湯や日帰り温泉を楽しめる施設が多くなってきたので、そのような情報も網羅しています。
またその地域でどんなところを観光すべきなのか、見所はどこなのかということが一目見てわかるように作られています。

地図としてみるというよりも、情報誌として読める、またその土地の時代風景までわかるように作られているので、行く先々の事をあらかじめ調べていくこともなく、ツーリングマップル一つで、さまざまな情報を得る事が出来るのです。
オススメルートについては太い線で縁取り表現されていて、混雑を避ける道、通り抜けできる道などもしっかり書かれているので、ライダーにとってサポートアイテムとなること間違いなしです。

ツーリングマップルは持ち運びしやすいようにA5番ですが、ツーリングマップルRは、見やすさを重視している作りになっています。
図面を見やすく120%拡大しているというもので、折り返した状態を保持できるリング製本を採用し、使いやすく作られています。

実際にベテランライダーが走って調べている情報なので、ツーリングするライダーにとって欲しい情報がしっかり詰まっています。
今度ツーリングに行く前にぜひ、このツーリングマップルを準備しておくといいでしょう。

あわせて読みたい