1. >
  2. >
  3. 新潟をぐるっと一周ツーリング
新潟

新潟をぐるっと一周ツーリング

日本海を眺めながら新潟県をツーリング

国道を利用しながら新潟県を一周ツーリングしている人も多いです。
インターネットなどで紹介しているライダーも少なくありませんが、新潟県新潟市より続いていく国道を利用してツーリングすることとなります。
日本海をツーリングを行いながら眺めていき、快適な風を感じていきながら気持ちよく新潟県のルートを走っていくことができるでしょう。

新潟県内では休憩を行える施設も多くなっており、ツーリングで行き先について悩んでいる人は絶対に行くべきルートとして、多くのライダーが県内のお勧めのルートを紹介しているケースも多いです。
決して困る場所がないというのも、新潟県内がツーリングとして選ばれている理由となっています。

しかし注意すべきポイントとして、夏場になると早朝から気温が上がりやすいです。
特に日本海沿いでは気温が40度近くになることがありますので、走行時に脱水症状を引き起こしたり、熱中症に気をつけなければなりません。
さらに街中では渋滞が多くなってしまうこともあります。

魅力的なルートは他にもありますが、魚沼スカイラインが人気が高くなっています。
これは新潟県魚沼市より十日町市まで続いていく県道となりますが、多くの展望可能なスペースが色々とあります。

山々の景色も一緒に楽しんでいきながらツーリングを行いたいと考えている方には最適で、季節を問わずに楽しんでいくことができるでしょう。
道幅も広くて路面も綺麗ですので、山間部を気持よく走っていくことが出来るようになっています。

一人でツーリングを行う際に注意すべきこと

一人で新潟県内をツーリングしていきたいと考えている人も多いことでしょう。
ただツーリングにおいて何から何まで1人で行わなければならないため、キャリアやテクニックをある程度積んでからツーリングを行うようにしましょう。
バイクのパンクを直していったり、レバー交換などだけでなく、エンジントラブルなども応急処置しなければなりません。

多くの人とツーリングを行うマスツーリングでは、出発する前にしっかりと新潟県内のルートをチェックしておきましょう。
確認する項目は参加者によって異なっていきますが、初めて参加する人が一人でもいれば、不安を取り除いていけるようにツーリングを行えるようにしましょう。

新潟県内を回っていく中で目的地であったり、走っていくコースを再確認しながら走り方を理解していきましょう。
休憩ポイントまでどのくらい距離があるか、移動するスケジュール通りに動いていくことができるかを判断しながら、理想的なツーリングを行えるようにしましょう。
時としてツーリングの予定が大幅に変更していくこともありますので、認識を間違えないように進めていくことも重要です。

あわせて読みたい