1. >
  2. >
  3. 日帰り伊豆半島ツーリング
伊豆半島

日帰り伊豆半島ツーリング

伊豆半島のツーリングは楽しめる

伊豆半島を日帰りでツーリングを楽しんでいるというライダーも少なくありません。
有料となっていますが、ターンパイクであったり伊豆スカイラインなどは有名です。

さらにバイクツーリングが楽しめる半島として、良い道がたくさんあるというのも有名です。
伊豆半島は楽しめるポイントが色々とありますが、標高が高くなっているため、真冬だと路面凍結が増えてしまうことがありますので、運転になれない人は気をつけましょう。

発進と一緒にエンジン音が響いているようなバイクを見たことがあるという人も多いですが、ダブルアクセルで暴走してしまうケースもあります。
伊豆半島でツーリングを行う時に急に起こしてしまうと危険です。
事前に安全にシフトアップしていけるように練習していくようにしましょう。

様々なルートが伊豆半島でありますが、アクセルワークが重要になる場所もありますが、具体的な手順として最初にアクセルを徐々に戻していくようにしてクラッチを切っていきます。
そしてシフトアップをしながらアクセルを開けていきます。
スムーズにできるようになると、伊豆半島の難しい場所もスムーズにシフトアップしていくことができるでしょう。

長距離走行を伊豆半島で行うことがあり、手が疲れてしまう時などもありますが、そこではクラッチを利用しないでシフトアップができるといいでしょう。
クラッチを長く切りすぎないようにして、スムーズに楽しめるツーリングにしましょう。
またエンジンに急激な加熱を与えないような走り方も学んでいくことが大切ですので、上級者に聞くのも理想的です。

日帰りツーリングで持っておきたいアイテムは色々とある

必ず持参していきたい、日帰りツーリングのアイテムは色々とあります。
伊豆半島では色々なお土産を購入したり、名所を周ることがありますので財布は必要不可欠です。
少し多めにお金を持っておくといいでしょう。

そして暑くなることも想定されますので、ハンカチやティッシュを持参したり、雨が降ることも想定して雨具を用意するようにしましょう。
そして水分補給も必要不可欠ですので、ペットボトルを置けるアイテムもバイクで常備しておくといいでしょう。
スムーズに取り出すことができれば、容易に飲むことができます。

さらに連絡手段として携帯電話であったり、伊豆半島の地図そして宿泊するために入浴セットを用意するのも忘れてはいけません。
視力が悪いという方はメガネであったりコンタクトケースも忘れてはいけません。

給油も伊豆半島の各所で可能となっていますが、ツーリングを行う前にガソリンのタンクをあらかじめ満タンにしておくのも忘れてはいけません。
快適な日帰りツーリングを意識しながら運転をしていきましょう。

あわせて読みたい