1. >
  2. >
  3. ライディングジャケットの選び方
ジャケット

ライディングジャケットの選び方

ツーリングへ出かける際に、普段着のままバイクに乗って出かけるというようなライダーの方は少ないのではないでしょうか。
もしかすると中にはいるかもしれませんが、やはりツーリングなどに出かける際には、しっかりとしたライディングジャケットを身に付けるべきだと思います。
ライディングジャケットにも様々な種類があり、多くのメーカーから販売されていますが、ここでは選び方などについて記述したいと思います。

デザインも重要

現在、ライダー用として販売されているライディングジャケットは実に数多く存在し、様々なデザインの品が出回っています。
個性的なデザインのものから、地味なデザインのものまで実に様々な種類があるのですが、ライディングジャケットを選ぶ際にはデザインも非常に重要となります。

イメージしてみると分かり易いかもしれませんが、ハーレーダビッドソンのバイクに乗っている方がスポーツ色の強い派手なライディングジャケットを着て運転しているとどうでしょうか。
明らかにミスマッチと思う方が殆どだと思います。

つまり、バイクに合わせるということは非常に重要なのです。
ハーレーダビッドソンやゴールドウィングのようなクルーザータイプのバイクなら、やはり黒の本革製ライディングジャケットなどが似合いますし、スポーツバイクにはメーカーのロゴが入ったスポーツ色の強いライディングジャケットが似合うのではないでしょうか。

ヤマハやホンダ、カワサキといった各バイクメーカーからもライディングジャケットは販売されているので、愛車のバイクメーカーに合わせるのも良いでしょう。

試着して購入する

近年ではインターネットが普及したことにより、インターネット通販でライディングジャケットを購入する方も増えたのではないでしょうか。
しかし、ライディングジャケットはバイクの操作にも関わってくる重要なものなので、本来ならしっかりと試着をして選ぶべきです。

例えば、ライディングジャケットのサイズがほんの少しきつかった場合、肘や腕が突っ張りすぎてしまい正確なハンドリングやブレーキ操作が困難となるケースもあります。
折角購入したのだから、と着続けていると、最悪交通事故を起こすということも考えられます。

ライディングジャケットは体にぴったりのものではなく、わずかに余裕があるサイズの品を選ぶと良いでしょう。
もちろん、中には「ぴったりのサイズじゃないと嫌だ」という方もいるかもしれませんが、あまりにもぴったり過ぎるサイズだと操作ミスに繋がる可能性もあります。
そのため、ライディングジャケットを選ぶ際にはしっかりと試着し、僅かに大き目のサイズを選ぶと良いでしょう。
また、同じサイズでもメーカーによって大きさが異なることもあるので注意が必要です。

あわせて読みたい