1. >
  2. >
  3. ライディングブーツの選び方
ブーツ

ライディングブーツの選び方

バイクで峠のワインディングを走っているという方や、サーキットの走行会によく参加しているという方も多いと思います。
バイクの醍醐味は風を切って思い切り走ることなので、スポーツ走行ではその醍醐味を思う存分楽しむことが可能となります。
スポーツバイクでスポーツ走行をする際には服装にも注意する必要があります。
理想としてはツナギタイプのレーシングスーツですが、ライディングジャケットとパンツ、足元はライディングブーツでも良いでしょう。
ここではライディングブーツについて記述します。

ライディングブーツの必要性

普段バイクを通勤や通学にしか使っていない方だと、そのまま出勤用の靴で運転している方も多いのではないでしょうか。
中にはわざわざバイク用のシューズに履き替える方もいますが、おそらく殆どの方は革靴やスニーカーといった靴で運転しているのではないかと思います。

もし、スポーツバイクで走りを楽しみたい、という方なら、足元には絶対的にライディングブーツをお勧めします。
ライディングブーツは元々バイク乗りの履くものと相場が決まっていましたが、現在ではスクータータイプのバイクに乗る方が増えたため、履く人は減少しつつあります。

しかし、ライディングブーツの安全性は非常に高く、走行中に転倒して骨折するほどの事故であっても、ライディングブーツを履いていたおかげで打撲ですんだ、ということは多々あります。
ライディングブーツはしっかりと足首辺りまでガードするよう設計されているので、足を守るには最適なアイテムなのです。

そのため、特に転倒が心配されるスポーツ走行をよくする方にはお勧めしているのです。

ライディングブーツの選び方

ライディングブーツの選び方は人によって異なると思いますが、最も重要なのは操作性です。
スポーツバイクの場合、基本的にリアブレーキは足で操作することになりますが、あまりにもソールが厚いようなライディングブーツの場合、ブレーキ操作がし難くなってしまいます。

ブレーキというバイクを運転する上で最も重要な部分を操作できないのでは大問題なので、まずはブレーキの操作性ということを第一に考える必要があります。
実際に試着してみて、足元から伝わる感覚などをしっかりと確かめておく必要があります。

デザインも重要ですが、基本的にライディングブーツはスポーツ走行をする方向けの製品でもあるので、そこまでスポーツバイクに合わない品物は少ないのではないでしょうか。

安全性についてもしっかりと確認しておきましょう。
現在では様々なメーカーからライディングブーツが販売されており、中には明らかに粗悪な品もあります。
いざ転倒した際に足首を守ってくれるか、耐久性はどうかということもチェックする必要があります。

あわせて読みたい