1. >
  2. >
  3. オススメの夏の装備
長袖

オススメの夏の装備

真夏にバイクで走ると、風を直接体で感じることができてとても気持ちが良いものですよね。
風を感じながら走れるのはバイクの特権でもあるので、夏場は自動車よりもバイクの方がより快適なドライブをすることが可能となります。
しかし、いくら涼しくて気持ち良いからと半袖半ズボンなどでバイクを運転するのは言語道断です。
例え真夏でも、しっかりとした装備でバイクの運転を楽しみましょう。

基本は長袖長ズボン

バイクは自動車と違って、接触事故などを起こすと運転手にもろダメージが加わります。
そこそこのスピードで走っていて転倒などすると痛い思いをしてしまいますし、時には重大な事故に繋がることもあります。

そのため、例え真夏であってもバイクに乗る方は長袖長ズボンが基本です。
時々、暑いからという理由で半袖や短パンでバイクを運転している方がいますが、仮に転倒した場合どのような事態となるかをよく考えてみましょう。

半袖半ズボンで転倒した場合、間違いなく全身切り傷、打撲、擦り傷を負ってしまうでしょう。
スピードを出していればいるほど、この時に受けるダメージは大きくなってしまいます。
そのため、少しでもダメージを少なくするためには長袖長ズボンという装備が必要不可欠となるのです。

理想を言えばライディングジャケットにライディングパンツという姿が最も良いのですが、ちょっとした買い物や街乗りにこの格好は違和感があるので、ジーンズのパンツにトレーナー、といった格好でも良いでしょう。

暑いからと半袖半ズボンは絶対にしてはいけません。

長距離乗るならそれなりの装備を

真夏に長距離ドライブをする場合、ライディングパンツやライディングジャケットをしっかり身に付け、ライディンググローブもできることなら着用した方が良いかもしれません。
長距離の運転になればなるほど集中力は乱れがちですし、それが事故に繋がることもあります。

また、ツーリングで高速道路などを使う場合、そこで事故、転倒などが起きた場合には重大な事故となってしまうこともありますから、やはり適切な装備が必要となります。
服装はもちろんのこと、汗でハンドリング操作を誤ってしまわないように、吸湿性とプロテクション効果の高いライディンググローブを着用しておくと良いでしょう。

ライディングジャケットの中には、熱が籠らないようなタイプの品も販売されていますから、そうした品を選ぶと暑さも軽減することができます。
また、走行中は風を受けているのでそれほど暑さも気にならないと思いますが、バイクを降りた途端暑くなってしまう可能性もありますから、着替えを持っていくというのも良い方法です。
ツーリング先でバイクを降りている時間が長そうな時は着替えた方が良いかもしれませんね。

あわせて読みたい