1. >
  2. >
  3. オススメの女性ライダー装備
装備

オススメの女性ライダー装備

バイクは男性の乗り物、というイメージが強いかと思いますが、実際にはバイクを楽しんでいる方の中には女性も大勢います。
現在では、女性だけのツーリングサークルなどもありますし、女性だけでサーキットを走りに行くようなことも珍しくありません。
ここでは、さまざまなシーンでバイクに乗る女性の装備について記述していきます。

ツーリングの場合

長距離のツーリングなどに女性が行く場合、男性と同じようにライディングジャケットやパンツ、グローブなどのアイテムを持っていくことは必須となります。
これは男女関係なく必要になりますから、ツーリングに出かける際には必ず事前に購入しておくようにしましょう。

ライディングジャケットやパンツを選ぶ際ですが、現在では女性用という商品も販売されていますから、それを選ぶと良いでしょう。
男性用の小さなサイズを選ぶ方もいますが、基本的に男性と女性では体の作りが異なるので、実際に着用してみると違和感を感じることもあります。

違和感を感じたまま長距離の運転を続けるというのは非常に危険なので、そうしたことにならないよう最初から女性用を選んだ方が無難です。
レディース用のデザインが嫌、という方もいるかもしれませんが、最近では女性用の商品でもクールな品や、ユニセックスな品も販売されているので探してみると良いでしょう。

ヘルメットは基本的に男性用も女性用もないので、サイズとデザイン、あとは安全基準を満たしているかどうかで決めると良いでしょう。
特にサイズは重要なので、しっかりと着用して決めるようにしましょう。

スポーツ走行の場合

近年では女性でもワインディングを走行したり、サーキット走行をする機会が増えてきました。
こうしたスポーツ走行における女性の装備も基本的には男性とそう変わりはありません。
ヘルメットは男性と同じものが使用できるのでサイズさえ合えば大丈夫です。

ライディングパンツやジャケットについてはさきほども説明したように、女性用をできるだけ購入する必要があります。
男性と女性では骨格が違いますから、例え男性用の小さいサイズでもウエストあたりに違和感を感じてしまうことがあります。

また、ワインディングや仲間内でのサーキット走行会なら良いですが、本格的にレース競技やタイムアタックに出場する場合、タイヤ交換やサスペンション交換を自分で行うこともありますから、予備の服装を準備しておいたり、最初から汚れても良い服装をしておく必要があります。

また、本格的なサーキット走行をする場合はそれ専用のグローブも必要となります。
これは特に男性用女性用存在しないと思うので、サイズさえ合えばどんな品でも良いでしょう。
もちろん、しっかりとハンドルをホールドできる品というのは大前提です。

あわせて読みたい