1. >
  2. >
  3. ヘルメットの選び方
ヘルメット

ヘルメットの選び方

バイクで公道を走るためには、交通ルール、マナーを遵守しなければならないというのは、言うまでもありません。
交通ルールを守るというのは他者を事故に巻き込まないためだけでなく、自分自身の身を守ることでもあるのです。
また、バイクに乗るために必ず必要になるものとしてヘルメットが挙げられます。
ここでは、ヘルメットの選び方や種類などについて記述していきたいと思います。

自分に合ったヘルメットを選ぶ

ヘルメットの選び方はライダーにとって非常に重要なプロセスです。
ここで間違った選び方をしてしまったり、誤った選び方をしてしまうと事故などが起きた際にしっかりと自分の身を守ることはできません。

ヘルメットを選ぶ際に最も重要なのは、用途に応じたものを選ぶということです。
つまり、スポーツ走行をするならそれに適した専用のヘルメットを選ぶ、ということです。
また、フルフェイスタイプのヘルメットでは視界が遮られているような感じがする、というような方は半キャップやジェットタイプを選ぶと良いでしょう。

安全性が最も高いヘルメットはフルフェイスタイプになりますが、場合によってはシールドが視界の妨げになってしまいます。
また、フルフェイスタイプはサイズをしっかり合わせて購入しないと、緩過ぎたりきつすぎたりすると本来の効果を発揮することはできません。

実際にヘルメットを選ぶ際には、一度かぶってみるのが最も早いです。
バイクショップに足を運び、実際にかぶってみて選ぶと良いでしょう。
分からない場合は、店員さんに用途や目的を相談したうえで一緒に選んでもらうと良いでしょう。

間違った選び方

ヘルメットを選ぶ際に、安ければ良いと考え安価なものを選ぶライダーもいます。
しかし、安価なヘルメットの中には安全基準を満たしていないものや、フリーサイズのものもあります。
こうしたヘルメットだといざというときに身を守ることができないので、しっかりと安全基準に沿った品を選ぶようにしましょう。

安全性が最も高いから、とフルフェイスタイプを選ぶのは良いですが、自身が乗るバイクに合わせるということも忘れてはいけません。
ハーレーダビッドソンのバイクやホンダのゴールドウィングなどの場合、フルフェイスタイプよりもジェットタイプのヘルメットが似合います。

バイクというのはファッションの一部でもありますから、服のコーディネートをするようにヘルメットを選ぶ必要もあるのです。
また、サーキットや峠を攻めるのに適したバイクに乗っているのに半キャップや、オフロード用のヘルメットでは完全にミスマッチと言えるでしょう。

こうしたことにも気を遣いながらヘルメットを選ぶ必要があります。
安全性は第一ですが、バイクに合わせるということも考えましょう。

あわせて読みたい