1. >
  2. >
  3. バイクのエンジン音に関する豆知識
エンジン

バイクのエンジン音に関する豆知識

僕はバイク大好き人間ですので、今日はバイクに関する基礎知識を紹介したいと思います。
しかも、それでいて燃費も普通の自動車よりもいいのが一般的ですので、バイクのメリットは結構あります。
しかし、もちろん悪いとされている所もあります、
ひとつはエンジン音がうるさいということです。
僕は決してバイクのエンジン音で近所迷惑をかけることのないように注意していますが、それでもバイクのエンジン音による苦情は後をたちません。
バイクのエンジン音はまあバイクにもよるのですが、とてもうるさくてたまらないバイクもあります。
そんなバイクがずっとエンジン音を鳴らしていては周囲の住民は安心して眠ることも出来ないでしょうし、苦情になるのは当然のことだと言えます。
これは明らかにバイクに乗る人たちに非があります、
ここで エンジンをかける際の基礎知識をお伝えしたいと思います。
エンジン音で近所の善良な市民に迷惑をかけることは絶対に会ってはいけないことです。
一部に暴走族と呼ばれるようなバイクを遊びの道具に使っている不徳の輩がいることも知っています。
しかし、僕は絶対にそんなふうにバイクを使って欲しくないのです。
バイクは僕にとってはなくてはならない貴重な友達とも言えるものですし、本当に真面目にバイクに乗っている人もたくさんいます。
そんな人たちまで同じように迷惑な目で見られるのは我慢が出来ません。
そうならないように、これからバイクに乗ろうと考えている人は絶対にエンジン音で人に迷惑をかけることのないようにしましょう。
まず基礎知識の一つとして、住宅街の真ん中でエンジンをかけないことが挙げられます。
僕は賃貸のマンションに住んでいますが、バイクでツーリングに行く時は絶対にこのマンションの近辺でエンジンをかけないようにしています。
そのためにはどうしているのかというと、まず近くの国道までバイクを押していきます。
たしかにバイクを押して歩くのは多少疲れてしまいますが、それでも慣れてくれば何ともありません。
それよりも絶対に人に迷惑をかけたくはないのです、
僕の場合は近くの国道までおよそ1キロメートルほどあるくのですが、全然疲れたりはしません。
そして、人に迷惑にならないような場所に出たらエンジンを起こして出発します。
これは基礎知識として絶対に身につけておくべきです、
さらに、帰ってきた時も同様の対応が必要になってきます。
バイクは基本的にはエンジンを書けると気が一番うるさいですが、走行中ももちろんそれなりにうるさいです。
そのような状態で普通にマンションに帰ってきてしまうとやはり迷惑をかけてしまいます。
ツーリングの帰りが夜遅くになってしまうことも珍しくないのでこれはいつも注意しています。
マンションから1キロメートルほど近づいたらエンジンを止めてあるいて家に帰っています、
これは最低限の基礎知識と言えるでしょう。

あわせて読みたい