1. >
  2. >
  3. 高級ブランド!MVアグスタ
MV AGUSTA

高級ブランド!MVアグスタ

栄光と不遇の時代

MVアグスタは高級ブランドとして有名なイタリアのバイクメーカーです。
その歴史は第二次世界大戦前と古く、1923年に航空機メーカーとして設立されました。
1943年にはモペットの製造を開始したのですが、終戦を迎え敗戦国であるイタリアは航空機の生産を禁止され、モペットの発展系であるオートバイの生産を主力とした会社へと変わります。

1948年からロードレースへと参戦し、栄冠を掴んでいきます。
マイク・ヘイルウッやジャコモ・アゴスチーニ、ジョン・サーティースといった歴史に名を残す名選手を輩出しています。
ロードレースは4ストローク全盛から2ストロークへと変貌を遂げ、MVアグスタは1976年に撤退することになります。

またレースだけでなく、1971年2代目社長が亡くなり3代目が就任すると、1976年オートバイ部門とレース部門の解体を発表。
そして翌年、オートバイ事業から完全撤退します。

それから20年後の1997年、カジバがブランドを取得し、MVアグスタは再興し1999年現在も販売しているF4が発表されました。
ですが2004年プロトンへ買収され、翌年にはGEVIへと売却されます。
2008年にはハーレーへ売却され、2010年に再びカジバへと売却されることになります。

走る宝石

復帰以降経営不振が続き、売却の道を辿っているMVアグスタですが、販売されているバイクが悪いというのではなく、経営法が悪いだけなのです。
1999年に発売を開始したF4は「走る宝石」ともいわれ、現在も継続されている人気モデルです。
このF4は高性能な4気筒エンジンを搭載をするというコンセプトをもとに作られ、エンジン開発にはフェラーリも参加しています。

限定モデルであるF4セリエオーロやF4CC、メモリアルモデルであるF4セナやF4アゴなどプレミアムなモデルが数多く登場しています。
また性能に関しても、1000ccクラス市販車としては世界最速を記録したF4 1000R、発売当時750ccクラスの市販マシンとしては最高出力を記録したF4 SPRなど誇るべきものです。

F4最大の特徴はマフラーで、テールシートから4本突き出す形になっています。これは世界を見渡してもF4だけのもので、後ろから見てもそれだと確認することができる貴重なものです。
F4は2009年にフルモデルチェンジを行い、750ccは廃止され1000ccのみとなっています。

その他のモデル

その他のシリーズはF4のネイキッドモデルであるブルターレシリーズと、3気筒エンジンを搭載したミドルクラスのF3があります。
F3は2010年登場の新しいモデルで、ミドルクラスならではのエンジンのコンパクト感とホールド性の良さは、F4よりもよりライディングを楽しむことができます。
またミドルクラスというだけに価格もF4と比べ安価だけではなく、走行中に変更可能なエンジンの4種類の出力モードや8段階のトラクションコントロールといったF4と同様の装備は装着されています。

あわせて読みたい