1. >
  2. >
  3. スロットル操作をサポートしてくれるスロットルアシストとは
ハンドル

スロットル操作をサポートしてくれるスロットルアシストとは

スロットル操作をサポートしてくれる優れもの「スロットルアシスト」

長い距離ツーリングをしているとスロットルを握っている手も疲労します。
グリップを握らずに掌で操作ができるパーツ、これをスロットルアシストといいます。

これはあくまでもサポートしてくれるパーツということで、スロットルを固定するためのものではないので、使い方を誤らないようにしましょう。

ツーリングの際に、こうしたスロットルアシストなどの便利パーツを付けておくと、ツーリングが快適により疲労なく楽しむことができます。

スロットルアシストはどうやって取付けるのか

スロットルアシストの取り付け方は非常に簡単なので、お店にもっていかずとも簡単に利用できます。
スロットルアシストをグリップ部分に巻きつけるようにしてひっかける、多々これだけの作業です。

上に押しつけるようにして巻きつけるとうまくいきます。
掌で作業することになるので、アクセル開度の位置、スロットルアシストの取付位置を自分の好みにあわせて調整し、取付完了となります。

簡単便利、スロットルアシストの使い方とは

通常、アクセル操作を行う場合、グリップを握って操作を行いますが、高速道路などをロングツーリングする場合、ずっとグリップを握ったままです。
するとかなりこれによって疲労しますし、ふと手を放してしまう事もあります。

そのため、スロットルアシストを利用します。
アクセルを握って固定する曽いう操作ではなく、掌で軽く抑えるようにして利用するので、グリップを握っているのと比較すると疲労感が雲泥の差です。

慣れるまで少々違和感がありますが、慣れてしまうとこんなに便利なものはないなと思うほど楽な操作ができます。
ロングツーリングの機会が多い方や遠乗りが必要な方には、スロットルアシストがあると本当に楽で、一度利用すると手放せなくなるというのも納得です。

普通のバイクに取り付けるには最高のパーツ

最新バイクにはオートクルーズ機能などがあり、こうしたスロットルアシストなどのパーツの必要性は全くありませんが、通常のバイクにはこうした機能がないものが多いので、スロットルアシストは本当に最高の味方になります。
スロットルアシストを愛用されている方はかなり多くなっており、ロングツーリングで、高速道路を走ったり、田舎の一定速度で走る事が出来る道路など、スロットルアシストがあるとないとではかなり違いがあります。

スロットルアシストがある事で、より楽しいツーリングができますし、ツーリングが好きになるグッズといっても過言ではないと思います。
色々なカラーのスロットルアシストがメーカーから発売されていますので、お好きなものを選択して取付けるといいでしょう。

あわせて読みたい