1. >
  2. >
  3. バイクでUターンをするコツ
Uターン

バイクでUターンをするコツ

初めてバイクの免許を取ったとき、
憧れの念願のバイクに乗って様々なところに
ドライビングにいくかと思います。
中型・大型のバイクに乗ってのドライブは楽しいもので、
まさに風にのる感覚を味わうことができるのが
こうしたバイクの特徴です。

しかし、バイク初心者の方にとってなかなかやっかいなのが、そのバイク技術です。
大きなバイクを運転するのはそれなりの技術やコツがいりますので、
その技術を身につけるまでにどうしてもバイクをこかしてしまう。
こけてしまう問題が発生します。
特に初心者の方にとってもっとも難しいのが
Uターンではないでしょうか。

重さが何百キロもあるバイクは原付バイクとは勝手がちがって、
Uターンをするにもコツがいるのです。
今回、バイクのドライビングテクニックの1つである
Uターンのコツについてご紹介したいと思います。

おそらくUターンが苦手な方は、低スピードでUターンを
開始し、そして途中で曲がり切れずにこけてしまうという
例が多いのではないでしょうか。

スピードはゆっくりでUターンをしても問題ないかと
思いますが、この際大事なポイントとしては
一度に180度回ろうと考えないことだと思います。
一度にUターンを成功させるまでには、
なかなか時間がかかりますので、
まずは90度ターンして、そしてもう一度90度ターンして、
最終的にUターンを完成させるという方法が
初心者の方にとってはベストなやりかたの1つになるかと思います。

またUターンをするときは、恐くて顔を正面にむけがちです。
ですが、それほどバイク自体はこけるものではありませんので、
もっと曲がる方向に顔を向けることをオススメします。
曲がる方向に自分の顔を向けることによって、
重心が曲がる方向へと傾いてくれますので、
そのぶんハンドル操作が楽になるかと思います。
あとは、スピードの調節をしながらだったり、半クラッチを
しっかりと利用することで、Uターンの問題は解消されるかと思います。

特に大型バイクの場合は細い道でのUターンはなかなかやっかいではあります。
なので、そうしたときは、思い切ってUターンをしないという
方法もありだと思います。

細い道では熟練者の方でもUターンが難しいですので、
まずは大きな道でUターンの技術を学ぶ。
そしてたくさん愛車にまたがってドライブをする。
こうした経験を続けていると自然とバイクの扱い方が
勝手に身についていくものですので、
あせらずにバイクに乗っていくのもひとつの方法だと思います。

たくさんバイクにのって愛車を自分の手足のように
動かすことができたら、より安全にそして楽しく乗ることができますので、
頑張ってチャレンジしてきましょう。

あわせて読みたい