1. >
  2. >
  3. バイクのドライビングテクニックとして最重要なブレーキングに関する考え方とは
ドライビングテクニック

バイクのドライビングテクニックとして最重要なブレーキングに関する考え方とは

バイクにはタイヤが2つだけついていて、
人間が支えるか足を付いているか
もしくはスタンドを立てておくということでないと
停止状態で直立しているということは困難な乗り物ということになっています。

曲がるときにも、自転車の何十倍ものスピードが出るという状況ですので、
速いスピードでカーブを曲がると、体重移動が
うまくない場合には遠心力で吹っ飛んで言ってしまいかねない
乗り物であるわけですから、ドライビングテクニックに関しては、
基礎技術の習得具合が、安全運転に直結するということになるわけです。

よく言われることが、バイクのドライビング上級者は
安全運転のスキルをしっかりと身につけた人であるということであり、
それは、ドライビングの基礎である加速、減速、体重移動の基礎技術が
しっかり身についている人が上級者になれるということの証でもあるわけなのです。
バイクのドライビングテクニックのなかで、基礎的な技術の一つであり、
絶対にマスターしておく必要があるのが、ブレーキングであり
減速の仕方を知らない者が加速だけを知っていることの恐ろしさというのは、
バイクでも四輪自動車でも同じであるという考え方が出てくるというわけなのです。

加速してスピードが上がった後には、
いずれ必ずカーブなどで減速しなくてはいけなくなるわけですから
バイクを運転する時には、ブレーキングは最重要なテクニックであるわけでして、
常に道路の状況がどのように変化しているかといったことに気をつけておかないと、
いきなりカーブに差し掛かって急ブレーキを使った場合に
かなりの危険性がリスクとして降りかかってくるわけなのです。

4輪自動車の場合は、シートに身体が固定されていて、
しかもシートベルトをしているということから、身体を動かさなくても
ハンドルとブレーキペダルの操作だけで
カーブを曲がっていくということができるのですが、
2輪車であるバイクは車体を傾けて曲がらないといけないし、
身体も動かしていく必要がありますから、
曲がるときに気を使う乗り物でもあるわけです。

そのため、4輪自動車の時よりもブレーキを早めに使って減速することも
必要になりますし、ハンドルについているブレーキレバーを握って
ブレーキングをするということになりますから、
身体を動かしながらもブレーキレバーの操作を確実に
やらなくてはいけないということで、どんな時でも気が抜けない乗り物であり、
それゆえ、ブレーキング操作というのは
確実に行えるようにしておかなくてはいけないものになるのです。

しかも、ブレーキレバーの握り具合によって制動力が
かなり異なってくるということにもなりますから、いきなりギュッと握り込むと
自転車よりも速い速度で走っているバイクの場合は、
スリップしたり転倒したりということになりますので、
常にやわらかく握り込むというブレーキングテクニックは、
必ず身につけておかなくてはいけない最重要テクニックということになるわけなのです。

あわせて読みたい