1. >
  2. >
  3. 高速道路で気をつけるドライビングテクニック
高速

高速道路で気をつけるドライビングテクニック

コーナリングが大事

高速道路で気をつけたいバイクのドライビングテクニックにおいて、基本となるのは丁寧な操作と上手くリズムに乗りスムーズに乗りこなすことです。
高速を走るぞと気合が入りすぎて、力んでしまう方もいるかもしれません。

周囲の車に安心を与えるためにも、力を抜いて優雅なライディングスタイルを心がけ、スロットルやブレーキなどひとつひとつの操作を丁寧に、柔らかく無駄がない動き、バイクに身を任せるようなドライビングがポイントになるのではないでしょうか。
高速道路というとスピードに任せて直線を走るイメージが持たれがちですが、実際にはコーナリングの機会が多く訪れます。

コーナリングでは車体を寝かせるように傾けバンクするマシンと一体になり、遠心力に身を任せる必要があります。
バイクライディングの醍醐味とも言うべき瞬間ではありますが、優雅で安全なコーナリングを行うにはテクニックが求められるのです。

特に高速道路では後続車がスピードを出して押し寄せてきます。
万が一失敗すれば大事故にも繋がりかねません。
コーナリングのテクニックでカギを握っているのは、速度コントロールということをご存知でしょうか。
コーナーの手前で、訪れるコーナーに見合った速度に持っていくこと、即座にそのコーナーに適応した速度を予測することがポイントとなります。

コーナリング技術解説

コーナリングのポジションを分解するとブレーキング、倒し込み、旋回、立ち上がりに分けることができるでしょう。
速度を見積もるうえで重要になるのは、コーナーに向けてアプローチしていく最初の部分ブレーキングになります。

もし、速度の予測を誤り進入する速度が速すぎるとどうなるでしょうか。
コーナーの途中でラインが膨らみ恐い思いをすることでしょう。
逆に速度が遅すぎれば失速し、車体がフラついたり、思いどおりのラインが描けないという状態に陥るかもしれません。

そこで、重要なカギを握るブレーキングはコーナー直前で強くかけるのではなく、かなり手前から行い、余裕を持って減速をする必要があります。
ブレーキングは長く一定に行い、穏やかにリリースすることで安全でスマートなコーナリングのテクニックが身に付くはずです。

なお、コーナリングのドライビングテクニックではバイクのタイプによっても、多少工夫する必要があります。
クルーザータイプの場合はシートのやや後方かバックレストに尻を押しつけながら、前下方向へとイン側ステップを踏み込んでみてください。
ハンドルをやや外側に切る逆操舵テクニックも組み合わせると、軽快にコーナリングが決まるでしょう。

デュアルパーパスモデルの場合は外足ホールドをきっちり決めて、リーンウィズで内ヒザを開かないほうが安定して旋回できます。

あわせて読みたい