1. >
  2. >
  3. でこぼこ道でのドライビングテクニック
デコボコ道

でこぼこ道でのドライビングテクニック

肘膝を楽に

でこぼこ道でのバイクのテクニックは、膝や肘を楽にして乗る事です。

バイクに乗る時にはニーグリップをして体とバイクを一体にして乗るのが基本ですが、それは通常の道の場合です。
オフロードのレースを見たら分かりますが、ボコボコしている所では大体みんな腰を浮かして乗っています。
それはバイクの衝撃が体に伝わらないように体を浮かせて、膝や肘で上手に衝撃を和らげているのです。

オフロードバイクででこぼこの道を走る時には、少し腰を浮かせるくらいの気持ちで走ると良いでしょう。
オフロードバイクでしたら車体も軽いですし、そういう乗り方をしても制御出来るはずです。
通常のオンロードのバイクでしたら腰を浮かせて乗るのは危険ですので、通常通りシートに座ったまま運転をしてください。
そしてなるべく膝や肘が楽になるような状態で乗り、でこぼこ道を走っても衝撃がダイレクトに伝わらないようにしてください。

でこぼこ道だからと言って、転倒しないようにガチガチに体を固めて運転する方が居ますが、それは逆効果です。
バイクにしがみつくように乗っていると、ちょっとタイヤがすべるくらいで転倒してしまいます。
膝や肘に余裕がある状態で乗っていれば、体が自然とバランスを取ってくれますし、多少バイクがぶれたとしても修正する事が出来るでしょう。

バイクにサスペンションがあるのは衝撃を吸収する為です。
人間の体には膝や肘がサスペンションの機能を果たしていますので、でこぼこ道で体に衝撃が伝わるような時には、膝や肘を活かすような乗り方をしてください。

突然のでこぼこ道も大丈夫

でこぼこ道を走ると事前に分かっている時には、事前にその対処をして走る事が出来ますが、問題なのは急に道がでこぼこになっている時です。
一般道ではアスファルトの道でもよくでこぼこになっています。

大きなトラックが通るような所では轍が出来ていたりしますし、道路工事を良くするような所では切ったり貼ったりした結果、道路の表面がでこぼこになっている事があります。
そういう所をバイクで走ると、急に路面状態が変わりますので、タイヤが取られて転倒するのも良くあるパターンです。

それを防ぐには、いつ道路がでこぼこになっても良いような運転をしましょう。
ちょっとしたでこぼこでしたら肘に余裕があれば上半身で対処出来ます。

膝はしっかりとニーグリップをして車体と体を固定させたまま、肘と上半身で多少の衝撃になら対処する事も出来るので、肘は常に余裕のある状態でいつも運転をする事が大切です。
バイクででこぼこ道を運転する時のテクニックは、肘と膝を上手に使う事がポイントです。

あわせて読みたい